2019年03月18日

Beds are burning

昔から大好きなロックバンドのひとつに、Midnight Oil というバンドがあります。
オーストラリアのバンドで、もうすでに解散しているのですが、世界的規模でみるととても有名なバンドのひとつです。
けれど、日本ではほとんど無名のバンドといってもいいでしょう。
日本のWikiを見ても、ほとんど記述らしい記述がありません。

私の場合、彼らの4枚目のアルバムの中のとある曲を、当時のMTVで聴いてすぐに大ファンになりました。おかげで、彼らの歌で歌われている地を巡りたくて、初めての海外旅行先をオーストラリアに選んだほどです。
実際に旅行したのは、大学3回生くらいのときです。1か月ほど、滞在しました。
ちょうど、ハレーすい星が地球に最接近すると話題になったり、エイズが謎の奇病として騒がれ始めていたりしていた頃のことでした。

そんな彼らの代表的な曲のひとつ、 ”Beds are burning” という曲を久しぶりに思い出して、ここ数日聴いています。
シンプルなメロディーを、アップテンポな曲調に乗せて繰り返す曲なので、わりと親しみやすい曲です。そのためか、世界中で大ヒットした曲で、Youtubeでも1.2億回以上、再生されているようです。


IMG_5957.PNG

その、サビの部分で繰り返される言葉が、次の文章になります。

How can we dance when our earth is turning?
How do we sleep while our beds are burning?

IMG_5951.PNG

これを日本語に訳すると、次のようになります。

私たちの世の中がひっくり返ろうとしているのに、どうしてダンスなんかしていられるんだ?
自分たちのベッドが燃え始めているっていうのに、どうして眠り続けていられるんだろう?


これは、白人に侵されたアボリジニについてを歌ったものですが、私が久しぶりに Beds are burning を思い出したのには、きっかけがあります。


それは、ネットで見つけた、ある映画俳優に関する記事でした。
もともとは、ツィッターで知ったのですが、これに関するわかりやすい記事を上げるとすれば、次のようなものがあります。

マルフォイ役で知られるトム・フェルトン 旭日旗Tシャツ着用で謝罪

IMG_5979.JPG


記事によると、
「先日、僕がインスタグラムに投稿した動画が誰かを傷つけたのであれば、心からお詫びします。僕は、自分が着ていたTシャツが象徴的に示す意味を知りませんでした」
「僕は愛に満ちた人間です。ヘイトはしません。そして、それが何を表すかを知った今、Tシャツを買ったことを非常に後悔しています」と続け、「僕の無知は何の言い訳にもなりませんが、本当に申し訳ございませんでした」と再び謝罪の言葉をつづっている、とあります。


トム・フェルトン さんという俳優のことは全く知りませんでしたが、状況をみるかぎり、何の悪意もなく旭日旗をあしらったTシャツを着て歌を歌っただけのようです。
しかし、その様子をネットで掲載したところ、謝罪する羽目になってしったとのこと。
この一件できっと、トム・フェルトンさん自身が、”旭日旗は悪だ” という認識を持ってしまったのではないでしょうか。
そして、ツィッターなどで彼をフォローしている多くの若い、世界中の人たちが、”旭日旗は悪だ” という認識を持ってしまったのではないかと思います。

私の場合、こういう記事に接するたびに、「私たちのベッドが燃え始めている」と認識しています。

こうした出来事により、私たちの大切な日本が、そして私たち一人ひとりの日本人が冒涜されていると、私は思います。しかし、そうしたことにまったく関心がない日本人が、まだまだ大多数を占めているように思えて仕方ありません。






posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

セミナー開催のお知らせ


4月6日(土)に、「”会社を変える”実践セミナー」と題して、下記のセミナーを開催いたします。


EPSON003.JPG

PDFは、こちらでご確認ください

会社の経営をより良いものにしたいと思っている経営者や幹部のみなさんに是非ともお聞きいただきたい内容になっています。

posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

歪んだメガネ

今日の朝日新聞を開いてみると、あちらこちらのページで現政権および首相に対する非難の記事で、一色でした。

IMG_4884.JPG

IMG_4891.JPG

相変わらずの、面目躍如です。
以前までの、たぶん7,8年前までの私ならこうした記事を信じて、素直に、現政権の批判に回っていたことと思います。

けれど、ほんのこの一週間ほどを見ていても、ちゃんと目を開いて見ていれば今の時代、何が真実で何が嘘かがわかるようになってきたと思っています。

例えば。
しばらく前に、辻元議員に外国人からの献金の疑義が持ち上がった翌日、朝日新聞は4面か5面の中ほどで、ひっそりと報じただけでした。これが自民党の議員だったら、今頃は大騒ぎの大フィーバー(古い!?)になっていたことでしょう。
同じその日に確認したところ、毎日新聞ではこれっぽっちも報じていませんでした。まぁ、毎日新聞は私が新聞社を志して就職活動をしていた頃からずっと、死に体なのでかまわないのですが。。

辻元議員でいうと、「関西生コン」についても、多くの国民が事実を知らされていないままなのではないでしょうか。
少なくとも、朝日新聞の愛読者で、日ごろはネットとつながらず、テレビだけを一日中つけている私の母は、「関西生コン」の存在とそれにまつわる奇怪な事件のことを、まったく知らないままでいると思います。

念のために繰り返しお伝えしますが、私は政治のことについてとやかく言うつもりはありません。ただし、このブログでは「メディア」のあり方やそれに引きずられて歪んでしまっている社会の在り方については警鐘を鳴らしたいと思っています。

つい昨日も、ツィッターを見ていると、NHKが韓国のサムスン社のケータイについて、社名を堂々と示して報道していたことを知りました。
ふだん、NHKは特定の企業の利益になるような報道を避けるために企業名を出さないようにしているはずなのに、どうしてサムスン社だけはこうして名前を出して新商品を紹介するのでしょう!? そしてさらに調べてみると、サムスン社の名前がNHKで紹介されるのはこれが初めてではないようでした。

IMG_4902.PNG


それと、最近もっと驚いたこと。
経済評論家の上念司さんによれば、北朝鮮のチュチェ(主体)思想のセミナーに多くの沖縄県の主要な政治家などが参加していたとのこと。
これなどは、テレビでは絶対、報道されないでしょうが、個人的にはちょっと驚きました。
日本は知らないところで、こんなふうになってしまっているのだ、と。

IMG_4901.PNG

posted by y.i at 00:00| 3.メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

ありがたいけど。

昨日は少し冷えましたが、週末と今日は、暖かい気温でした。

土曜日に所用があって近くの駅前に出かけたのですが、いつもはすぐに立ち去るところを、暖かい陽気に誘われて、のんびりと神社でお参りをしてしまいました。

IMG_4141.JPG

いつもの2月なら、考えられないところです。

IMG_4147.JPG

IMG_4155.JPG


でも、暖かいのはいいけど、ほんとにこんなでいいのかな、ともふと思います。

時々、気象庁のホームページで私が生まれた1963年の気温を調べているのですが、この年の2月は氷点下になった日が20日間もあります。
posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

尼港事件

今日は、朝7時過ぎに自宅を出て、二つのコンサルティングの仕事に従事していました。もちろん、その合間にメールで必要な業務連絡も。

夕刻の6時過ぎに地元に戻ってきて、ちょっと間隔があいてしまっていたジムでのトレーニングも少し、できました。
さらに帰宅後に必要な資料を作成してから今日の仕事は完了です。

その後、ツイッターを眺めながら何気なく、目に留まったのが「尼港事件」という言葉。
この言葉は、間違いなく、過去に何度か目にしたことはあるのですが、しっかり知ろうとしたことはなかったかもしれません。以前、通州事件を知ったときにも見ていたはずなのですが。それで、今夜はその言葉をネットで追いかけました。
そこで一番思ったことは、どうして自分はこうした事実をこれまで、50年以上も生きてきながら、よく知らなかったのだろうということです。
もちろん、ネットの情報がすべて正しいとは思っていません。※
けれど、ネットで自分から情報を取りにいかなければ、確実にこうした事実をしっかり知らないまま生き、死んでいったことでしょう。

もうひとつ感慨深かったのは、この事件が起こった後、当時の国会で政府が野党に責任を追及されている様子が記されていたのですが、その様子が今日の自民党と野党との無益なやりとりと瓜二つだと思えたことです。

ひょっとしたら、私たちは、森の中をさまよい続けてまた同じ場所に戻ってきているだけなのでしょうか。

例えば、しばらく前から思っていることですが、ネットで言葉を調べていると「コトバンク」というページによく出くわします。しかし、基本的に私はこのページは信用していません。
今回も、Wikiの記事の具体性とボリュームと、「コトバンク」のそれを比較すると大違いでした。
そこには何らかの意図があるかもしれないと、警戒する気持ちをもっています。
もちろん、このサイト以外にも、信用できないサイトと信用すべきサイトがありますね。そこをしっかり見分けていく力が、これからの民主主義を支える、メディア・リテラシーになると思います。
posted by y.i at 00:00| 3.メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

熱意とチームワークがあれば。。

ここのところ、顧問先さまの支援や経営診断報告書の執筆でずっと時間を使っていました。
そうすると、必然的に朝から夕まで、デスクワークが続いてしまっています。

この仕事をし始めてすぐに気が付いたのですが、もともと大して体力がない私は肉体労働には向いておらず、だからこうしたコンサルティングの仕事は合っているかもしれないと思ったりしていたのですが、これがまったくさにあらず!
長時間、デスクに座って執筆し続けるという作業は、じつは本当に体力を使います。
そんなふうに苦労しながら、ああでもない、こうでもないと思ったり、ネットなどをフル活用して可能な限りの情報を集めたりして長時間を過ごしてみても、振り返ると大した進展がなくガッカリすることも度々です。

だけれども。
自分なりの、というか "自分にしか出せないはず" の「取り組み姿勢」と、「自分なりの知見と努力で紡ぎ出す言葉や理論」には何らかの意味があるはずだと思えるからこそ、この仕事を続けられるのではないか。
そんなふうに、ひそかに思うことが個人的な支えになっていたりしています。

そんな作業の合間に一息入れようとした、深夜のリビングルーム。
テレビをつけると「再生請負人」というドラマを放映していました。


IMG_3164.JPG

経営状態が悪化した飲食のチェーン。

社長が、傘下のお店のスタッフに閉店を伝えるシーンですが、そのお店のスタッフ全員が自分たちが全力で立て直すからお店を辞めるのは止まってほしいと社長に詰め寄るところです。
これだけの熱意があれば、そしてチームワークがあれば、と思うところです。
冷静に考えるとやはりこれはドラマで、現実の私の仕事はそもそも、こうした熱意やチームワークをどう作るかに、本当に頭を悩ませる毎日です。
だからこそ、そこに、それにふさわしいやりがいがあることも間違いないことなのですが。

テレビを消してその後にネットで情報をとっていると、ケント・ギルバートさんの書かれた記事が、興味深かったので記載しておきます。

昨年の12月10日の記事で、私は「WGIPやプレスコードについて、ほとんどの日本人が、その存在さえもまだ理解していないのじゃないでしょうか。」と記しました。

ケントさんは、ある地方都市での講演会で、地元・地銀が主催する会合で「右でも左でもない」感じの老若男女約1500人に、「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)をご存じの方は手を挙げてください」と問い合わせたそうです。
その結果、手を上げた人は約30人とのこと。
パーセンテージでいうと、2%。日本の総人口に単純に当てはめると、まだ240万人程度と、ケントさんは続けています。

リアルな数値と言えば、リアルな数値です。
たぶん、私もそんな感じじゃないかという前提のもとに、前回の記事を書いていました。

だけど、将来はこの比率が少しずつ変わっていくんじゃないかと思います。
マーケティングの理論でも、はじめは少数のイノベーターから、始まっていくのですから。

PS
思考がちょっと飛ぶようですが、ワンピースーテレビで”アラバスタ編”をやっている頃からずっと見ているのでもう17.8年くらいは見続けていますーの中の”失われた歴史”を少し、想起させないでもありません。(笑


posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

朝風呂

今日、月曜は新しい週の始まり。
それで、しばらく前からちょっと気になっていたことを実行しました。
昨年の10月に、近くに「うはらの湯」という温浴施設ができており、HPを見ていると「朝風呂」なるものがあるということをこの年明けに知ったんですね。
それで、しばらく前から「行ってみたいなぁ」と思っていたのを、今朝起きて実践しました。

朝の6時45分くらいに家を出て、施設についたのが7時過ぎ。
それで、8時くらいまで、露天風呂を中心にしてゆっくり(?)というか・・・週末気分から新しい週への幕開けのため、みたいな気持ちでしばしのんびりすごしました。
たぶん、土日の昼間はたくさんの人でにぎわっているんでしょうが、月曜の早朝です。それでもちらほらとお客さんがおられたのですが、各々のんびりお湯につかっておられました。もちろん私も。

IMG_2519.JPG

IMG_2516.JPG


そのあと。
職場=自分の事務所に入ったのが、8時半頃です。
サラリーマン時代には考えられなかったことですが、時間の使い方を自由に思うように、それと同時にいつも、より効率的に使えるという今の状況はそれだけでありがたいことだと改めて思う朝でした。


その後、昼間の予定は、顧問先さまで進めているプロジェクトについての作業でかかりきりであっという間に過ごしました。

夕刻は、事務所のすぐ近くにあるフィットネスクラブで(というか、このフィットネスクラブにもともといて、そのそばに事務所を借りたのですが)小一時間、運動です。
自転車を漕いでいるときにツイッターで知ったのが、防衛省のレーザー問題に対する対応です。
自転車を漕ぎながら、防衛省の原文をすべて読み、そして音声を確認しました。
今回の防衛省の対応は、ーひょっとしたら、私が生まれてからリアルタイムで知る限りー一番まともな日本国としての「大人の対応」なのかもしれないと思いつつ。

帰宅後は、テレビの報道ステーションを確認しました。昔は、まともな報道番組だと信じていたもののひとつです。
最近、こういう番組を見るときはその番組から情報を得るために見るのではなくて、なかば、「どれだけ事実をまともに語っているのかを検証するために見る」という意識が染みついてしまいました。
冒頭の10数分は、歌舞伎町での暴力団の発砲事件など。。
防衛省のレーザー問題に対する対応については、今日もやっぱり相変わらず後藤謙次氏をはじめ、この報道ショーの面々は事実や真実を語ることがないまま、ご都合のいい話しかしなかったというのが私の判断です。

IMG_2579.JPG








posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

当たり前のこと

今日、1月17日は、24回目の震災記念日でした。
よく、全国的に流通するメディアの中のこの日を迎える記事などで、「神戸では今でも、当時の震災の爪痕をよく見かけます」といったようなコメントを目にするのですが、率直な私の感想は「そんなこと、ない」っていう感じで、日ごろはもうそんなことは考えない日常が当たり前になっているという感覚です。
多くの人が、当時のことを少しずつ忘れていっているというのがほんとのところじゃないかと思います。

個人的には、「忘れる」ということは人間が持つ良き特性のひとつだと思っています。
だって、あんなことやこんなこと、いいことだっていやなことだって、忘れないと人はやがて訪れる明日という現実=今日を生きていけないと思うからです。
しかしそれでもやはり、正月明けの冬の寒い朝に、「あ、今日は1月17日なんだ」と気がつく日々を、私たちは過ごしてきました。そして、やはり当時のことを少し思い返したりしています。

そんなふうにして迎える、24回目の1月17日です。
私の場合、今回は事務所がある、地元の六甲道駅を舞台としたドラマが放映されていたこともあって、いつもより感慨深く一日を過ごしました。
そのドラマでは、崩れ去った高架を走るJRの線路を復旧させるために、当時のJRさんや建設会社さんが努力された様子が主なテーマになっていました。

IMG_2132.JPG

この近くに事務所を構え、日々の生活の拠点ともしていながら、当時このドラマで描かれていたような多くの方々のご努力ーより正しくは、尽力ーがあったとも知らずに、私はそこに駅があることが当たり前だと思って仕事や日常生活にこの駅を使って過ごしてきました。
だけど、私が当たり前だと思っていた日常の風景は、じつは昔、多くの方々の大変なご尽力があったからこその当たり前だったんですね。

IMG_2162.JPG

IMG_2177.JPG


それともうひとつ。
個人的には、駅の修復の物語とともにに心に響いたのがビデオカメラの中に映っていた少女の映像です。
あの映像のインパクトは、当時の神戸やその周辺で人の死を間近に感じた人なら、リアルに理解できるのではないでしょうか。


あと、ラストの椎名桔平さんの演技がとてもよかったと思っています。

IMG_2173.JPG


posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

謹賀新年

平成最後の年が明けました。


今年は3日から、自宅で少しずつ仕事をしていました。
ふだん、なかなかやろうと思っていてもできないインプットやアウトプットを中心に作業をしていたつもりなのですが、結局あっという間に時間が経ってしまい、どれだけのことができたのかは心もとない限りです。

こちらの写真は、事務所に向かう途中に撮った今朝の日の出です。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

IMG_1656.JPG
posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月16日

この週末

金曜日は、朝から新しいコンサルティング案件の打ち合わせでした。
昼前に終わってから車で神戸に戻ってきたのですが、この時期、六甲山から市街地に戻る途中、大阪湾が黄金色に眩く輝いている光景がいつも素晴らしいと思っています。


お昼は事務所近くのインド料理屋さん「メーズバン」さんで食べたのですが、ここのビリヤニは今まで食べてきたビリヤニの中でも最高です。

IMG_0311.JPG


そのあとは、事務所から歩いてすぐのコーヒー豆の専門店「コーヒーロースト」さんで、明日からのコーヒーを買い求めました。

IMG_7224.JPG

IMG_7218.JPG

このお店は、こだわりの豆をたくさん品揃えしてくれているうえに、注文してからその場で焙煎からしてもらえるので、とても新鮮なコーヒー豆を買うことができます。このお店で豆を買って初めて、焙煎したてのコーヒーをたてるとお湯を入れた後の粉が膨らんでくるのを知りました。それくらい、鮮度が違うんですね。

そして土日は、プロコン育成塾の最終報告会です。

こちらの写真は、初日(土曜日)の講義の様子。

IMG_0383.JPG

そして今は、2日目。
全受講生のプレゼンが終わって、塾長からの成績発表・最終振り返りの真っ最中です。








posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

玻璃さん

先日、丹波のほうで仕事があったとき、途中で「玻璃」さんというお店でお昼をいただきました。
ぐるなびでは、囲炉裏ダイニングと紹介されていますが、和風の建物が素敵なお店でした。


IMG_8654.JPG

IMG_8651.JPG

三田市の郊外、というか周りにはお店がほとんどなにもなく、周囲は山や田んぼばかりです。飲食店の立地として考えると、とてもいい場所とはいえないと思います。けれど、囲炉裏がある静かな部屋にいると四季の移ろいを身近に感じることができ、とても落ち着きました。
若いご主人にお聞きすると、大阪をはじめ京阪神間からのお客さんが多いとのことです。

もちろん、料理はどれも一品一品こだわって、とても手をかけて作っておられることがよくわかるものばかりでした。

IMG_8645.JPG

IMG_8649.JPG


私の場合いつもは食べないデザートまで、とってもおいしくいただきました。

ふだん、お店の集客のお手伝いもよくしています。
その際、店主さんと一緒によく検討することの一つとして「地域(商圏)が持つポテンシャル」があります。
売上予測や販促方法を考える際も、この「地域が持つポテンシャル」が大きな鍵の一つになるのですが、「玻璃」さんの場合はこだわったおいしい料理と店舗自体がもつ力が強いから、遠い京阪神間からの集客力につながっているのでしょうね。



posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

「変革は辺境から」

11月8日に、「情けないというより」という記事を書きました。

しかしその後の11月30日に、私の古巣であるジャパンタイムズ社はなぜか、この記事で私が書いた”情けない表現”を改めるという決断をしたと発表しました。
フェイスブックに載っている、ケント・ギルバート氏の記事がわかりやすいので、”拡散希望”の言葉に甘えて転載しています。

IMG_9865.PNG


社内でどんな議論があったのかは知りませんがーSNSで見ていると、この決断を支持しない人たちも社内に多くいるようですー良質な知性と良心が社内で機能してくれた結果の判断であったことを、期待したいと思っています。

IMG_9866.PNG


多くの方にとって、この種の話はあまり興味のないことだと思います。それはある意味、致し方のないことであって、太平洋戦争の終結以来、日本人はこうした話題に興味を持たないよう管理統制されてきた部分がとても大きかったのだと今では理解しています。
例えば、ここで太平洋戦争と私は記しました。長年ずっとそう思いこんできたのですが、本来は大東亜戦争と呼ぶのが正しかったのだと最近は理解しています。けれど、大東亜戦争というその言葉自体に多くの日本人がアレルギー反応を示すのがまだ今日の現実です。すぐに、右翼的な表現だと思う人も多いんじゃないかな。

そうした状況を生んできた大元が、これまでに何度かこのブログでも記した「WGIP」や「プレスコード」です。しかし、ほとんどの日本人が、その存在さえもまだ理解していないのじゃないでしょうか。それまた当然で、学校の授業や新聞・テレビでは決して語られることがないからなのですが。
しかしこの二つの言葉の意味と歴史上の役割を知ることは、これからの日本を考える上で、極めて重要なことです。

ところで、今回のジャパンタイムズ社の報に接して、新しく社主になられた末松(神原)弥奈子氏のブログ記事も確認しました。
こちらです。

この記事の中で、氏は、「悩みも葛藤も含めて、このEditor’ s noteにたどり着いた編集局のメンバーを、私は誇りに思います。」そして、「ジャパンタイムズは、これからも、日本の今、そして未来を、正しく世界に伝えていきます。」と語っておられます。
この言葉を信じていいのなら、前回私が書いた「恥ずべき」という言葉を全面的に撤回し、応援したいと思います。

誰かが敷いた道、それも既得権益者が敷いた道を歩むほうが、楽だと思います。けれど、ジャーナリズムがそれではいけないということ。
少なくとも、All the news without fear or favorを理念に掲げる新聞社が、それではいけないはずです。

私が経営の世界に飛び込んでから知った言葉の一つに、「変革は辺境から」という言葉があるのですが、ジャパンタイムズ社はオールドジャーナリズムの世界でみれば辺境の、小さな村みたいなものです。朝日新聞や読売新聞、テレビ各社みたいに、既得権益にどっぷりつかった大企業とはまったく別ものです。
だからこそ、今回の決定がなされたものであるのかもしれません。
まだ、予断を許さない社内情勢なのではないかと、思っていますが。

posted by y.i at 00:00| 3.メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする