2020年03月30日

二つの訃報

1月28日に書いた「一寸先は闇」という記事で、私は、『けれどこれからしばらくは予断を許さないだろうし、個人的な思いでは、今回のことでもし日本人の死者が一人でも出たら、一人の納税者としてこの政権の仕事ぶりを再確認しないといけないと思っています。』と書きました。

これはもちろん、武漢ウィルスの災厄によって、たった一人の死亡者も出さないようにしようと思っていたわけではありません。むしろその逆で、これから相当多数の犠牲が出ると考えざるを得ないと思っていました。
ただし、311の震災が起こって以降、「安全保障」や「危機管理」についての意識が自分の中で、少しずつ高くなっていたと思います。そして、危機管理の世界では、被害者をゼロにはできないけれど、少しでも少なくすることを戦略的な目標にすることが常道だと理解できるようになってもいました。

そうした考えをもとに、『(こうなってしまった以上、どんな手立てをとったとしても一定数の犠牲者が出てしまうことは避けられないとはいえ、)やるべきことをしっかりやることで、「救えたはずの犠牲者」を出すようなことにならないでほしい』という気持ちから、「一寸先は闇」の最後を記していました。
その頃はまだ野党が桜の歌の大合唱ばかりしていたわけですが、まっとうな感覚を持つ人たちは相当な危機意識を有していたと思います。

そんな中、今日の午前中に志村けんさんが亡くなったというニュースに接しました。
先日、10歳以上年が離れた診断士の仲間と話していて、「(伊藤)先生は、ドリフ世代なんですね」といわれて初めて、ああ自分は年下の人達から見るとそんな年代なんだなと認識したりしていたのですが、たしかにそう思われるのが相応しいくらい、私たちの世代は物心ついたころからずっとドリフや志村さんにテレビで笑わせてもらって育ってきました。

それだけ身近だった志村けんさんが、ひょっとしたら「救えたはずの犠牲者」の一人だったのじゃないかと思うと、とても悲しい気持ちです。


もう一つ、訃報がありますす。
加戸前愛媛県知事が、3月21日に亡くなりました。
メディアではほとんど、取り上げられていませんが。

RIP

posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

余暇をどう使うかは。

武漢ウィルスによる災厄が、全世界に多大な影響を与えています。
当然のことながら、私の周りにも大いに影響が及んでいます。
まず、3月に私が主催する予定だったイベントを2つ、中止しました。ひとつは、こちらです。

その他にも、主に研修の仕事で中止もしくは延期が複数あります。
当初は飲食店などへの影響が大きいと言われていましたが、この間、私の釣り仲間である歯医者さんに聞いたらそちらでも客数減少とのことだったので、今回はあらゆる分野でマイナスの影響が出ていることは間違いありません。
多くの人と同様に、私はすでにもうリーマンショックを超える景気後退だと思っているのですが、政府は「リーマン級の出来事が起こったら消費増税について再検討する」と言っていたので、今それを実行しないとすれば国民に対して嘘を言っていたことになるのでは!? などと思ったりもします。
ちなみに、減税については週明けの月曜に与党の一部議員が記者会見を開くといった発信もあるので、そうした動きに期待したいと思っています。

といったことで、個人的には自由になる時間が増えており、というか増えてしまっています。
もう一方で、年明けから ”俄か自転車乗り” になったことで、自由に遠出ができるようにもなりました。

そんなこんなで、今週は事務所での仕事の合間に、ポタリングしながら少し遠出してのランチが増えました。

一昨日でかけたのは、こんなところです。
落ち着いた部屋で、コロナを伝えるテレビニュースもなく、のんびり過ごしました。

IMG_6608.JPG



そのあとは、館内をゆるりと見学。
大好きな「金田一幸助シリーズ」に出てくるようなステンドグラスが美しい。

IMG_6616.JPG

IMG_6622.JPG

IMG_6639.JPG


エルバート・ハバートという人は、「余暇をどう使うかは、人格を試すテストである」と言ったそうですが、このような時間の使い方なら許される範囲内じゃないかな、と思ったり。

事務所近くに戻ってくると、広場はやっぱり若い人で大賑わいでした。

IMG_6673.JPG







posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

因果応報

昨日、週明けの月曜は快晴。
とっても気持ちの良い、週のスタートでした。

私は事務所に向かう前にいつもお参りしている神社で今回の武漢ウィルス災厄が一時でも早く収束することをお願いしてそのあと仕事をスタートさせたのですが、春の日差しが確実に私たちの身の回りに満ちはじめていることを実感できたのがちょっとうれしかったです。

IMG_6263.JPG

IMG_6270.JPG



午後からは、姫路市内の顧問先さまの訪問でした。


少し早めについたので、自転車に乗って近くをひとっ走り。
この災厄がなければ観光客でいっぱいのはずなのですが、やはり閑散としていて、人力車のお兄さんもお客さんをなかなかつかめない様子でした。

IMG_6317.JPG

ところで、昨日までの3連休の間には、私が住む神戸と大阪の間の移動を自粛してほしいとの要請が出されていました。
個人的には、大阪府知事の吉村さんについては日頃からツィッターをちょくちょく見ているので、彼の真剣さは私なりに理解しているつもりです。
一方、兵庫県の井戸知事については、これまでほとんど関心を持ったことがありませんでした。ただし、先月、ほぼ初めてこの方について考えました。中国にマスクを100万枚送ったというニュースを聞いたからです。率直に言って、そのとき、唖然としました。

いま、私の手元にあるマスクはもう残り少なくなっています。
この仕事をしていると、お客さんとお会いしなければいけなくて、中にはマスクをかけてほしいと強く要望されるお客さんもおられるので ―それは当然のことだと思いますー 私もそうしたいと思うのですが、ただほんとに残りがもう少なくなってしまっていてどうしたらいいのかと困ってしまっています。

こんな状況の中、兵庫県が備蓄していたマスクが120万枚あって、そのうちの100万枚を井戸知事が中国に勝手に送ってしまって・・・って聞くと、非常に残念な気持ちというか、情けなくなってしまいます。
これが私の住む県の知事がしたことなんですよね。

正直にいって、ずっと兵庫県民であるにも関わらず私はこれまで兵庫県知事選挙にほとんど行ってはいませんでした。
因果応報ですね。










posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月15日

令和2年の早春の週末

金曜日、事務所での仕事の合間に出かけてみると、近くの公園は若い子でいっぱいでした。

IMG_5607.JPG

IMG_5599.JPG

同じ日の夜、三ノ宮で会食をしました。
午後6時過ぎに店に入ったときは私たちのグループだけでした。やっぱりお店にでかけるのを控えているからガラガラのままなのかなと思っていたのですが、7時半ころに周りを見渡してみると、20代のグループでいつの間にやら満席になっていました。
ひょっとしたら若い人たちは、私たちほどには心配していないのかもしれません。


その後、土曜日曜と中小企業診断士の資格登録のための報告書作成が佳境です。

IMG_5671.JPG
posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月07日

居酒屋会議

昨日は、コンサルティング仲間との企業訪問の初日でした。
朝9時に私の事務所に集合して自己紹介などしたあと、昼からは企業先さまへ。

中には製造業の現場を初めて診る方もいらっしゃったりしたのですが、しっかりヒアリングできたと思います。

電車で梅田まで戻った後は、振り返りの会議を居酒屋で。

IMG_4869.JPG

今でもたまに見るほどのストロベリーナイト・フリークとしては、外せないところ。
posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月05日

声なき侵略

今回の武漢ウィルスの災厄については、改めていろいろと考えさせられるところが多いです。

まず、今日のニュースで、ようやく政府が中国と韓国からの入国を全面的に規制するというニュースが報じられました。
2月14日の「三拍子」という記事で、「多くの一般国民がずっと前から思っているように、なぜ中国本土すべてからの入国制限を未だにできないのでしょう?」と記しましたが、そこからもさらに2週間を要しました。
ほんとうにやっとです。
その時の記事でも記したように、いまさらもう遅いという感覚は十分にありますが、それでもやらないよりはやったほうがいいと思います。

多くの方と同様に、私もコロナ・ウィルスの情報は日々、出来る限りチェックしています。
その中には、「いまさら中国全土からの入国制限をしても ”合理的な” 成果は見込めない」とする説もあります。
もちろん、その考えにも一理あると思います。けれど他方でより強く思うのは、「人は合理的な理由だけで行動できるわけではない」、というよりむしろ、「こんな状況だからこそ、人は感情や情意に基づいて行動する」ことが多くなるのだと思います。そうした「感情や情意」にアピールするためにも、いまさらではあるけれど、やるべきはやったほうがよいという考えです。


一方で、この報に接して改めて情けない気持ちにもなりました。
やはり、現政権は周近平来日を慮って、中国全土からの全面的な入国制限に踏み切らなかった(踏み切れなかった、というより)のでしょう。
これまではそう思ってはいても状況証拠ばかりだったので、そうあってほしくない気持ち ー希望的な観測ですー も一方で残っていました。
けれど、今日、周近平来日延期と中国全土からの入国制限を同時に発表したのは、あまりにあからさまだったのじゃないかと思います。

私は以前の記事で、国の運営も会社の経営も同じと書きました。
その観点から企業人の世界に例えてみれば、今回のできごとはこんなことじゃないでしょうか。

「企画部でずっとがんばっている部員(私たち一般の日本国民)の多くが、今の売り方じゃまずいと思っています。だから、マーケティング的にもっと違った販売方法を上司を通じて会社に提案し続けてきました。けれど、私たちの上司の部長は、将来、自分(企画部長さん)よりも先に取締役になりそうで、さらには社長にもなってしまいそうな営業部長に遠慮して、企画部員の皆さんの意見を会社に提案したりはしませんでした」

こうした状況を仕事現場で体験すれば、本当にがっかりしてしまうのではないでしょうか。
それと同じことが、 ”全国民の命と引き換えに” 起こっていたと考ざるを得なかったのではないかと思い、改めて「情けない気持ち」になったと思うわけです。
もちろん、決定的な証拠はいまだになく、状況証拠が増えて”疑惑はさらに深まった”としか言えないわけですが。

しかしまぁ、面白いというかなんというか。
与党もそうですが、新聞(一部を除く)もテレビも、そして野党もみな、「中国全土からの入国禁止・制限」を全く声にしなかったわけです。
中国からの声なき侵略が、いかに浸透してるかがはっきりわかります。
笑い事じゃないんですけどね。





posted by y.i at 00:00| 3.メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月24日

Life just goes on.

この一週間ほどは、なんだかんだと外出する仕事があってばたばたしていました。

ちょうど一週間前は、中小企業診断士の試験を通った方々と一緒にコンサルティングの実習支援。
この仕事をしていていつも思うのですが、この場に集う皆さんはいつもとっても前向きで・・・ひとつの目標に向かって共に歩めることって、なんと気持ちのいいことかと。

プロジェクトの最終日となったこの日は、企業さまへの報告会等があり、それまでメンバーそれぞれが考え、そしてみんなで一つの形にするべくともにしっかり議論した考えを、経営者様にお伝えしました。そんな一日を歩数計で見てみると、ここ数カ月で最も歩きまわっていたみたい。

IMG_3727.PNG

そんな仕事の合間ではありますが、支援先での仕事が終わった帰り道に少し寄り道して、マウンテンバイクの練習です。
いわゆる、忙中閑あり。
ほんの束の間の時間なのですが。

IMG_3899.jpg


この日は、私の他には、たぶん小学校にもいってないような小さな子が ―お父さんがそばでずっといたのですがー 一人いるだけでした。
腕前は、私よりも格段に上なので、この世界では大先輩だということが、すぐにわかりました。


IMG_3891.jpg

IMG_3892.jpg


一時間弱、練習しての帰り道。

IMG_3868.JPG

その気になれば、とってもきれいな景色がすぐ身近にたくさんありますね。
とってもきれいな時間も、心がけ次第でたくさん見つけられる。
それがいまの私たちの住む世の中だと思います。

PS
タイトルは、この記事を書いてる途中で思いつきました。
ローリングストーンズのindian girl の歌詞の一節からです。











posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

セミナーのご案内

3月25日に、「より良い経営を考えるセミナー」を開催いたします。
今回のテーマは、「働き方改革を経営に活かす」ことが中心になります。

ホームページのこちらをご確認ください。

IMG_4045.PNG








posted by y.i at 00:00| 2.経営全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

how can we dance?

振り返ってみると、もう10年以上このブログを続けていて、投稿した記事の数は500を超えています。

もともと、経営コンサルタントとしての活動のためにと思って書き始めたブログです。しかし、そのほかにも伝えたいことがあって、それで「メディア」というカテゴリーを中心としたところに収めてきました。

「ほかにも伝えたいこと」をなぜ書き続けてきたかという本質は、日本が、まさに今回のような「危機」(今回はたまたま、新型コロナの流行という形で現れたのですが)に備えられる社会になっていかなければ、将来、大切な家族や友人が大変なことになるかもしれないという思いからです。

そんな私なりの危機認識を伝えるために、「bed's are buring」や「カエルの楽園」といった記事を書いてきました。


そして、メディア、特に朝日新聞や幾つかのTV局をはじめとするそれは、こうした危機を人々が理解することが彼らなりの「利益」と「目的」に反すると考えている危険な存在だと私は思っているので、その断片を少しでも客観的に理解してもらいたいと考え、記述してきました。

けれど、私の感覚ではこうした危機認識を持っている日本人は、たぶん国民の1割にも満たないのではないかと思います。
新聞は正しいと思いこんでいる人も多いので、新聞を読む習慣を持っている世代では、この比率はもっと下がるでしょう。

たとえばですが、「アイヌ新法」の危険性を認識している日本国民は少ないと思います。
朝日新聞をはじめ、多くのメディアで多くの人がアイヌ新法の記事を目にし、さほど関心も持たずに次のページをめくったのだろうと思います。

けれどこれ(アイヌ新法が成立したこと)は、また新しく作り出されようとしている危機の芽かもしれません。

新聞報道を鵜呑みにせず、例えば「チュサッパ アイヌ」で検索して自ら調べようとする人が少しでも増えれば、これが第2、第3の慰安婦問題、辺野古問題へと発展するかもしれないと気づけるはずなのですが。

このアイヌ新法の問題一つとっても、本当はもう ”私たちのベッドは燃え始めている” と私は思っているのですが、多くの人はそのことには関心さえもなく、眠りつづけたままなのだと思います。

しかし、さすがに今回のコロナウィルスの件では多くの国民が、”ベッドが燃え上がり始めている” ことを理解し、もう眠りこけている場合ではないのだと気づきました。

IMG_3824.PNG

bed's are burning midnight oil


皮肉っぽく聞こえてしまうとは思うのですが。
日頃、SNSや何やかやで楽しい毎日を謳歌していることをみんなに伝えるのもそれはそれでいいと思います。私自身、そんな投稿もここで数多くしています。
けれども、国の誇りや尊厳、そして守りといったことを、もっと一人ひとりの国民が考え、共有することも大切だと私は考えます。
今回は、このうちの守りがどうにもならないレベルであることが露わになってしまいました。


PS
ところで。
そういった観点から今回の災厄を活かすとすれば、東京オリンピックはむしろ開催できないようになった方がいいかもしれない、と考え始めています。
もちろん犠牲が多くなるのは困るのですが、それくらいのインパクトがないと、これから必ず起こる次なる危機への備えが進まないかな、と。





posted by y.i at 00:00| 3.メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

三拍子

1月28日に「一寸先は闇」という記事を書いてからおよそ2週間が経ちました。
この間、新型コロナウィルスなるものの脅威は膨れ上がるばかりのように思います。
私は昨日、東京で研修の仕事があったのですが、行きの新幹線の中で翌日の仕事の準備を一通り終えてから久しぶりに映画でも見ようかと思ってアマゾン・プライムを開いたら、一番のお勧めとして「アウトブレイク」が出てきたのでずいぶん前に見たその映画を、久しぶりに全部観通してしまいました。
こんな一件がなければ、アマゾンのお勧めにも上らなかった映画だったのかもしれないのですが。

それはさておき。。。

前々回の記事で、「死者が一人でも出たら、一人の納税者としてこの政権の仕事ぶりを再確認しないといけないと思っています。」と記しましたが、現状では非常に残念な経緯をたどっているとしか思えないですね。

要は、「遅い・緩い・決められない」の三拍子。
残念ながら、カルロス・ゴーン被告が指摘した「日本人はのろまだ」という説に、全面的に反論することはやはり難しいと思っています。

多くの一般国民がずっと前から思っているように、なぜ中国本土すべてからの入国制限を未だにできないのでしょう?
他の多くの国々が、すでにやるべきことをやっているというのに。
(今さら手遅れ、という感覚はありますが)


IMG_3597.PNG


ネット上では、中国べったりの二階幹事長の存在、官僚の抵抗、経済界への忖度諸々言われています。
(特に、新聞を見ているだけではよくわからなかったのですが、二階氏が中国べったりというのは最近、ネット民の情報で気がつきました。)
けれども、理由はどうあれ、結局はリーダーがすべてをしょい込んで、意思決定しなければ仕方ないと思うのです。
すでにネット上では、現政権はこの危機に有能に対処できているか、そうでないかという議論が起こり始めています。
これについての私の意見は、例えて言うなら、「今の安倍氏は、第2次大戦勃発時のイギリスの宰相・チェンバレンに似ているように思える」ということです。
一言でいえば、現時点における危機管理については、有能ではないという判断しか下しようがありません。

戦時の例でもう一つ挙げることが出来るでしょう。
それは、現在の日本政府の対応は、ガダルカナル戦の有りようをそのままに再現しているように思えるということです。

具体的にいえば、中国国内でどれほど感染が広がっているか”正確に把握することすらせず”、 ”当初は原発地の一部だけ”、 そして”その後はその周辺地域” に制限地域を拡大しただけ、というのは、かつてガダルカナルでやった「敵戦力の過少評価」と「戦力の逐次投入」による失敗の再現のように思えます。

その結果、当時は惨憺たる敗北を喫しました。
(私は2011年の8月に「ガダルカナル 学ばざる軍隊」という本を紹介しましたが、同じことを現在進行形で見ている気分。)

当時と比べて、今はパソコンやネットがあるにもかかわらず。
けれど結局は人の意識や考え方が変わらなければ、いくら道具が進歩しても意味がないのでしょう。


今日は他にもいくつかあったのですが。
一言でいえば、情けない気分、かな。



posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする