2021年04月01日

「Made in China」

つい先日のこの記事で書いた釣りに行ったとき、釣竿を折ってしまっていました。それで、その日の帰り道に釣具店に立ち寄って、新しい釣竿を購入していました。
その日、自宅に帰ってからいそいそと買ったばかりの釣竿を開封したのですが、正直なところ、結構がっかりしました。
なぜかというと、竿の手元のところに大きく 「Made in China」 と記されていたからです。

IMG_8072.JPG

安物だと思ったからがっかりしたのではありません。値段のことなら、安いものを買ったのだからと割り切れば済む話です。
そうではなくて、最近の私はそもそも、「(現代の)中国で作られたものと極力かかわりを持ちたくない」と考えているためです。

もちろん、今の時代に中国で作られたものとの一切の関わりを絶って生活することは、まぁ相当難しいと理解しています。しかし、それでもやはり、中国で作られたものと極力関わりをもたない生活を志向したいと思っています。

理由は二つです。

一つはウィグルの人たちの問題があります。
(当然のことながら、同じように侵略され、多くの人が虐殺されたり、文化を奪われ続けているチベットやモンゴルも)
ネットの世界ではもうずっと前からこの問題について警鐘が鳴らされてきており、それを理解した私も昨年の7月に「知らなかった、では済まされないこと」という記事を掲載しました。
最近になってようやく日本国内でもメディアで語られるようになってきたようですが、この問題はもっと大きく取り上げられて一人ひとりがわがこととして認識すべきだと思っています。
私が買った釣竿を作っているのは日本の大手の釣具メーカーで、オーストラリアのシンクタンクが挙げた12社には含まれてはいないけれど、それでもやはり釣りをしながら、ひょっとしたらこの釣竿を作った工場にウィグルの人がいたのかもしれない、と思いたくはありません。

ちなみに、メディアではいつもウィグル族と表現されますが、ほんとにそれでいいのかなと思っています。
ウィグル族じゃなくて、ウィグル人じゃないのだろうか。。。
例えば、私は自分のことを日本人と思っているけれど、いつか将来、他国の人から自分たちのことを「日本族」と呼ばれるようになったら、相当いやな気持ちがするのではないかと思うのですが。

それと、ウィグル族への人権侵害という表現でよく報道されますが、英語の表現は abuse となっていることが多いです。その abuse を英辞郎で確認すると、 「〔肉体的・精神的・性的に〜を〕虐待する、酷使する」あります。人権侵害って言葉自体、相当、中国に忖度した言葉じゃないかと思ったり。

理由の二つめは、経済的利益ばかりに目がくらみ、国を挙げて中国に投資し、サプライ・チェーンを移した結果、日本人が自分たちの首を絞め -つまり、自身の安全保障を危うくし- てきたことを、そろそろ反省しないといけないと思うためです。


posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月30日

コンサルティングの風景

コンサルティング支援を数多くさせていただいています。が、普段はその様子をご紹介することはほとんどありません。
当然のことながら、守秘義務を守りながら仕事をしているためです。

ただ、先日、実務補習で診断をさせていただいた企業さまが、ご自身のホームページで診断の様子を掲載くださいました。
社長さまから、事前に実務補習メンバーから写真掲載の了解も得られての掲載です。

今回の診断では、以前から私がご縁をいただいている東和工業株式会社さまにご協力いただきました。その記事がこちらです。
経営診断や中小企業診断士の実務補習の一端を、ご理解いただけると思います。

こちらは、私の目から見た様子。

IMG_6739.JPG

報告会では皆さん、とても真剣でした。


IMG_7190.JPG



posted by y.i at 00:00| 2.経営全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月24日

渓、解禁

3月に入って、しばらく冬眠状態だった釣りを再開させました。
渓(たに)開きです。

先日は早朝4時に自宅を出立して明けやらぬ街中の高速道路を突っ走って一路、紀州の山の中へ。
眠気を押し殺して車を飛ばしても、神戸からだとどうしても釣り場につく頃にはお天道様がだいぶ空高く昇ってしまっています。
だけど、釣りをする前の川の様子を写真で撮ったりしていてあとで振り返ってみると、そんな太陽の光線がちょうどうまい具合にきれいな弧を描いてくれていました。

IMG_6990.bmp

途中、久しぶりに再会した釣り仲間とゆるりとビールなどを酌み交わしながら

IMG_7465.bmp

思いのほかきれいに咲き誇っていた桜を鑑賞し -何せ神戸よりも緯度が低いので、およそ3割くらいの桜がすでに満開だったのです-

IMG_7459.bmp

暗くなる少し前まで釣ってみたら、ちょっとお土産になるくらいには釣れてくれました。

IMG_6999.bmp


帰宅後は、ーほんとは炭火のほうがいいなといつもつくづく思うのですがー こんな風に焼き上げていくと

IMG_7473.bmp

極上の塩焼きになりました。

IMG_7479.bmp

ここはやっぱり、日本酒と合わせると最高かな、と。

posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月15日

早咲き桜


最近、休みの日にはちょくちょく近くの山に散歩にでかけています。
こんな小径を登っていくと、

IMG_6808.bmp

海が見える小さな公園に出るのですが、その公園で早咲きの桜がちらほら開花していました。

IMG_6813.bmp

スマホの写真ではよくわからないですが、桜の向こうには大阪湾が輝いて見えています。




posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月06日

地元で会議

今日は一日、こんな景色が見える会議室で終日会議。

IMG_6796.JPG

移動がとっても楽でした。
仕事の後はジムでランニングしてお風呂。
そのあとは、昭和の風景そのままの日の出もり家さんで、一人でこちら。

202BAD5E-BDD0-42A2-821E-81722FC38C18.jpeg
posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月28日

2月も終わり。

前回の記事を書いた数日後の朝。パソコンを立ち上げてメール・チェックなどをしようとしてキーボードを叩いたら、いくつかのキーが何度押しても何も反応しなくなっていました。そして、何やら画面もちらちら。
まったく仕事になりません。

それではっと気がついたのですが、前日の夜に帰宅してから、アルコール消毒液を手につけるついでに、パソコンのキーボードにも塗布していたんですね。塗布という軽くのつもりだったのですが、どうも過剰にぺちゃぺちゃしすぎていたみたいです。
ということで、それからしばらくはあたしいパソコンへの移行に多くの時間を割かれていました。

その間、季節は例年より一か月早まったように暖かい日が続いたので、私の事務所の近くの公園は連日、楽しそうな家族連れや子供たちでいっぱい。

IMG_6010.JPG

それを横目で見ながら、近くのハサムンクロドニーさんのハンバーガーをつまんだりしながら、PCの設定に大わらわ。

IMG_6006.JPG


posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月03日

現代の「カポー」

池上彰という人は、語り口調が大変穏やかで、温厚な人柄のように見えるし、なんでも知っている賢そうな人というイメージもあるし、おまけに「NHK出身のジャーナリスト」という看板があるから、多くの人が信用してその言葉に耳を傾けてしまったのだろうと思います。

けれど、私はずいぶん前からこの人が話す言葉は、別のルートで私が聞いた話とだいぶ違うな、という違和感があったのでまともに信じる気持ちにはなれないでいました。
私の中ではこの人も、「現代のカポー」なのだという認識でずっと過ごしてきました。

「カポー」というのは、以前ご紹介したヴィクトール・フランクル氏の「夜と霧」という本の中で知った言葉です。
ナチス・ドイツのユダヤ人収容所でフランクル氏ら多くのユダヤ人が耐え難い状態に置かれていた中で、収容所の中のごく一部のユダヤ人だけは身の安全を(当面は)保障され、それなりに優遇された生活を送ることが出来ていました。彼らは、支配者であるナチス・ドイツの軍人の言葉をすべて受け入れ、ナチス・ドイツの軍人が喜ぶようにだけ行動し、そして同じ民族である収容所のユダヤ人たちを厳しく管理し続けました。その者たちが、「カポー」と呼ばれた人たちであったそうです。

私は、つい最近も米国の大統領選のニュース解説などに登場する ”アメリカの政治に詳しい識者” たちを眺めていたとき、「あぁ、この人達はカポーなんだな」と理解しました。

ところで、その池上彰氏がカポーの面目躍如たる発言でネットの世界で大きな話題になっていると知りました。

米国の大統領選に関して、少しまともに事実関係を押さえている人なら明らかにウソとわかる話を、平然と言い放ったということです。もちろん、バイデン氏のことは持ち上げ、トランプ氏を貶める方向で。


IMG_5585.PNG


IMG_5463.PNG


同じNHK出身である和田議員もこんな風に発言しているけれど、


IMG_5579.PNG


彼らはカポーなのだと理解できていれば、これに返答した次の一般の方の意見のほうに、より共感できます。



IMG_5578.PNG


今回のことで多くの人が、池上彰という人は信用できないと気づいたと思います。
一方で、テレビのこの池上氏を信用し続けている善良な人々もいまだ多いことでしょう。


posted by y.i at 00:00| 3.メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月01日

厳寒期

ちょっと前まで、春のような暖かな日が続いていたので油断していたら、また氷点下の気温になっていたようです。


IMG_5351.JPG

とはいえ、もうすこしで立春。
あとひと月で春の到来かと思っています。


posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月24日

トランプ元米国大統領について

結局のところ、バイデン氏が第46代の大統領に就任しました。
以前の記事で私は、日本にとってはバイデン氏がなるよりトランプ氏が大統領を継続したほうが有利だと記事で記載しましたが、その思いはいささかも変わっていません。これは客観的な評価です。

今日も、ちょっとつけたテレビでタレントの人が、「脱トランプの流れが加速しています」というナレーターの声にはしゃいで答えていましたが、「脱トランプの流れ」がこのまま加速し続けると、日本の安全保障に大きな危機が訪れかねないという懸念を、この人達は考えたことがないのだろうかと訝ってしまいます。一時、テレビに出れて少しでも有名になれて小銭が稼げて…残念ながら、そんな意識しかないのだろうなぁと思ったのが率直な感想です。

ところで、この選挙戦が本格化する10月まで、じつはトランプ大統領のことはあまり考えたことがありませんでした。
トランプ氏の就任前に、日本の首相である安倍首相がどうしてわざわざゴルフクラブを抱えて出向かなければいけないのかと思ったこと。あとはあの髪型ってどうなってるんだろうと思うこと。トランプ氏についての感想はそれくらいでした。
今振り返ると、それ以上の感想を持てないように、やはり情報規制のコントロール下に自分はあったのだろうなぁと思います。
ただ、今年に入ってからはクアッドをはじめとする対中国に関する姿勢を見ていると、少なくとも私が考える日本の安全保障にとって有利な人材だと思ってはいました。
そんな思いから注目していたアメリカ大統領戦です。この約3カ月間、毎日だいぶ注意して現地の情報をとってきました。正直なところ、今までの人生の中で一番、英語を聴きこんだかもしれません。

そんな中で、いままでよく知らなかったトランプ元大統領のことも、だいぶ理解できるようになりました。日本のテレビ・新聞を見ているだけだと決して触れることはないと思いますが、私はトランプさんのスピーチの全文をいくつも読んだり、氏に関する文献を読み込んだりもしてみました。

そうした結果、私が今、トランプ元大統領を思い浮かべるときに一番に連想する言葉は、「慈しみ」です。
日々、日本の報道にさらされ続けている人からすれば考えられないことだろうとは思います。ただ、嘘にまみれた報道のノイズを取り払って一つひとつの言葉に耳を傾けると、慈しみややさしさに満ちた人物像がくっきりと浮かんできました。

遅まきながらだけれど、このことに気づけたのは良かったです。

アメリカ人は、直接、英語を話せるのでメディアのバイアスがあっても、このことを早くから理解していたのでしょう。
その結果がここに表れていると思います。

トランプ氏の動画には高評価が多いのに対し、

IMG_5137.PNG

バイデン新大統領への評価は、「いいね」の数倍、ネガティブな反応です。

IMG_5136.PNG

ホワイトハウスの公式アカウントにその後もアップロードされる動画を確認していますが、ずっとこの傾向は変わりません。
これが何を意味するのか。
自分の頭で考えて判断しなければ、未来は開けないと思います。




posted by y.i at 00:00| 3.メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月21日

厄除けお参り

一昨日は、いつもお参りしている六甲八幡神社で毎年恒例の、厄除けのお参りでした。

IMG_4827.JPG

IMG_4823.JPG

IMG_4840.JPG

そして昨日、今日は本来なら大阪市内で研修の仕事をしているはずだったのですが、緊急事態宣言を受けてその仕事がキャンセルになってしまったので、終日、事務所にいました。
なにかの仕事がなくなれば、別のなにがしかの仕事があって・・・とにかく昨日と今日は近い将来のための投資のための時間が多くなりました。

posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする