2014年02月26日

交流会

今日は、北大阪商工会議所で、「おおさか地域創造ファンド」の勉強会&交流会を開催しています。今回は、今年度でファンドを卒業される事業さんの発表会。5つのテーブルに分かれて、3年の事業期間を卒業される社長さんの発表と意見交換を行っています。写真は、私が担当させ頂いたコムインスティテュートの小牧さんが、事業立ち上げの苦労話やそこから得られた学び、教訓をお話しているところ。同じテーブルの他の社長さんから、たくさんアドバイスが飛んでいます。

1779236_640840529327288_1262777443_n.jpg

1488128_640840572660617_155794314_n.jpg


こちらの記事も。

https://www.facebook.com/kousaku.tamura.1/posts/528213923954280?stream_ref=10


posted by y.i at 00:00| 2.経営全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

日曜、夜の新幹線

週明けからの東京での仕事のために、新幹線で東京に向かっています。
いまは、21時30分。新横浜を通過したところです。

車両の中では、もうずいぶん前から誰の声も聞こえてきません。そういえば、新大阪を出発して以来、誰の声も聞こえてきていないかな。
席の埋まり具合は、2割程度といったところ。
家族連れの姿はありません。私もサラリーマンを続けていたら、ひょっとしたら、東京勤務になって家族と別れて暮らしていたかもしれません。
だとしたら、日曜夜の新幹線は、馴染みの列車になっていたかもしれないです。。

ti.JPG

とりあえず、今は、仕事の合間にブログ更新。



posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業

平成25年度補正予算による中小企業・小規模事業者支援の中心的な施策が公表されています。
正確な名称は、平成25年度補正「中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業(ものづくり、商業・サービス)」です。

http://www.chuokai.com/20140217150054.html

これまでは、ものづくり企業だけを対象とした補助金制度でしたが、今回は商業やサービス業の事業者さまも対象となっています。

全国各地の中小企業団体中央会さまで、同様の公表がなされていると思います。

posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

25年度補正予算での国の支援

中小企業庁より、平成25年度補正予算による中小企業支援策の今後の予定が発表されています。
まず、目につくのは「ものづくり・商業・サービス革新補助金」です。
今年度の通常予算では、ものづくり企業だけが対象でしたが、今回は商業やサービス業の事業者さまも対象に入っているところが、ポイントでしょう。
補助金の上限額は、ものづくり補助金の時と同じで、1,000万円です。

mono.JPG

私のもとにも、すでにいくつかの企業さまから本補助金についてお問い合わせをいただいていますが、正式な募集要項はもうすぐ出るだろうと思います。

今回も、認定支援機関の支援が必要になるでしょう。
私も認定支援機関として登録されていますので、ご興味のある方はいつでもお問い合わせください。


posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

メディアの使命 1

この前の土曜日は、終日、ある金融機関さんで企業研修でした。
私が担当させていただいた2社さんは、経営者の方たちがとても謙虚な姿勢で、これまでのご自身の経営を振り返られ、積極的に学んで下さるので講師としてとても気持ちよくお話させていただきました。
「謙虚さ」は、伸びる企業、伸びる経営者の最も大切な姿勢の一つと改めて認識しました。

その研修の終了後、ご一緒していた先輩たちと夕食へ。
その席で、話の流れで最近のマスメディアのこと、つまり、どうもメディアでは普段の自分たちの思いと違うことがよく語られているなぁということが話題になりました。私が新聞社出身とご存知なので、気をつかってくださりながら発言されていたのですが、じつは私自身全く同感なので、気を使っていただく必要はまったくありませんよと、その時お伝えさせていただきました。

以前、震災のときの記事で、いくつかメディアについて投稿しました。それは、私なりのメディアに対する批判に他なりませんでした。
その状況は、3年の月日が経っても、全く変わっていないと思います。
というか、たぶん更に悪くなっていると思います。

社会人になるとき、私なりの志を持って、新聞社に入りました。配属された先は営業局でしたが、ジャーナリズムというもののあるべき姿を、常に意識してきました。
しかし、そんな私ですが、今日、ふだん目にする新聞やテレビで報道される内容については、半分ほども信用していないというのが実際のところです。
まったく、残念な話なのですが。

その着眼点、取り上げ方、取材力、分析力、さらに会社や記者個人の理念・信念など、いずれをとっても私が若い頃に描いていた理想像とかけ離れたものとしか言いようがありません。

ちょうど、この間の日曜に、「サンデー・モーニング」という朝のワイドショーで「メディアの使命」と題されたコーナーがあり、コメンテーターたちがもっともらしく語っていましたが、そのどれもが私の胸には空しく響くコメントでしかありませんでした。
そのズレ方や無責任さは、震災報道の時のそれと本質的にまったく同じです。
posted by y.i at 21:37| 3.メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする