2016年05月28日

オバマ大統領の広島訪問

昨日は午前中、ある商工会議所さまの経営発達支援計画の委員会に出席し、午後は顧問先の企業さまを訪問しました。
夕刻に二つの仕事が終わって、久しぶりに時間が取れるからジムでランニングでもしようと思ったのですが、途中でオバマ大統領の広島訪問のニュースに気づいて、ちょうどこれから原爆記念公園に向かうところだと知りました。
それで、急遽予定を変更して、自宅でリアルタイムでその様子を見守ることにしました。
結論から言うと、リアルタイムで見て、本当によかったです。

特に、スピーチの最後に「モラル」という言葉が出たことと、その後、二人の被爆者の方と語り合い、寄り添うところでは、目頭が熱くなりました。
ちょうどそのときは6チャンネルで見ていたのですが、中継していたアナウンサー〜年季の入ったプロの方だと思うのですが〜も、明らかに涙声になっていました。

安倍首相をはじめとする日本政府も〜サミットも含めて〜、よくがんばってくれたと思います。
大統領に広島に来てもらうことだけでなく、その場で被爆者の方と言葉を交わすことなど、今回のこと一つひとつに相当な働きかけをしていたと、ネットなどを通じて事前に知っていたからです。ちなみに、こうした情報はテレビや新聞からでは、あまり見えてこないと思います。

もちろん、政権末期の遺産作りだとか、「核なき世界」と言いながら大量の核兵器を保持し続けているとか、いろいろ挙げればあると思います。
だけど、それでも勇気ある行動で、一つの扉を開いてくれたと思います。











posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする