2016年11月20日

「ザ・会社改造」

私がコンサルタントとして活動することが出来ている原点には、間違いなく、自分自身がサラリーマン時代に会社を何とか変えたいと願い、あがいていた体験があります。
その頃に出会い、深い感銘を受けたのが、三枝匡さんの一連の著作でした。
「V字回復の経営」を初めて読んだ時の衝撃と、自らの中に沸き起こった熱い思いは、今も決して忘れません。
もちろんその後は、「経営パワーの危機」、「戦略プロフェッショナル」を続けて熟読しました。この3冊が、巷間では、三枝さんの3部作とされてきました。

そんな三枝さんの新刊が、「ザ・会社改造」です。
プロローグを読んでいるだけで、マーカーをたくさん引いてしまいます。

IMG_1680.JPG

とにかく、書かれている言葉の意味や重みがリアルに伝わってきて、この本を読んでいる時間は本当に濃密です。

ただ、以前の私の読み方とは違っていることにも、気が付きます。
以前のサラリーマン時代の私は、まるで乾燥したスポンジに水がどんどん染み込むように、むさぼり読むだけだったのですが、今は自分が普段行っているコンサルティングに重ね合わせながら、自分の考え方や進め方はこれで間違ってはいないのだと”確認”したり、自分が関わっている現場との”差異の背景”を考えたりする時間が、とても多くなっています。

志のあるコンサルタント、経営者の皆さんには、ぜひ手に取っていただきたい一冊です。

IMG_1683.JPG


posted by y.i at 11:24| 2.経営全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする