2017年02月23日

久々のコンサート!

先週、久しぶりにライブ・コンサートを観に行きました。
若い頃はよく、好きなロックバンドのコンサートを観に行っていたのですが、最近はとんとそういう機会もありませんでした。だけど、このバンドのライブ情報を見たときは、すぐに行きたいと思ったんです。
そういえば、前回行ったコンサートからはもう15年くらいは経っているかもしれません。。。

yo1.JPG


ふだん最近は、このバンドばかり聴き込んでいます。


yo2.JPG

今回は、離れて暮らしていてめったに会わない息子が同行してくれたのもうれしかったです。




posted by y.i at 22:19| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

企業経営と国の経営について・再び

アメリカの大統領が変わって、連日連夜、どのマスコミも蜂の巣をつついたような大騒ぎをしている今日この頃です。

以前、このブログで、企業経営と国の運営は同じだと記したことがありますが、改めてその感を強くしています。つまり、いまの日本の状況は、ずっと頼ってきた(依存してきた)大きな得意先の方針転換に右往左往している中小企業の有り様とそっくりです。私はこれまでに、そうした企業の姿をたくさん目にしてきました。

ところで、私のこれまでの経験からすれば、そもそもいつまでも相手が変わらないと考えてきたこと自体に無理があるし、一方で、相手(周り)が変わった時というのは何か新しいことにチャレンジできるチャンスの時でもあります。

もちろん、この変化に対する備えが疎かであれば、リスクは増大します。
そのリスクを可能な限り低くするために必要なことは、まず自分たちのビジョンを明確にすること、その上で変化に対する正しいうち手を考えることだと思います。

そのためには、例えば、冷静に先を見通して考えておくといった姿勢を持つことも大切です。

昨日今日の新聞を見ていると、「ヨーロッパ各国の首脳が移民制限反対に近い声を挙げているにも関わらず、日本は何をしているんだ」という論調も目にしますが、これはとても近視眼的な考え方だと思います。
また、もともとドイツのように(特にメルケルさんが)移民を受け入れることを是としてきた国と、日本を同じ土俵で論じること自体が、おかしいと思っています。

また、マスコミが、「蜂の巣をつついたような大騒ぎをする」のは、それが「売れる」からというのも一面の真実だと思います。
意図的であるにしろ、なきにしろ、(一部の心あるジャーナリストを除いて)多くのマスコミ人の体質に、それは染みついてしまっていると考えていた方がよいと思います。
私自身が、昔はそんな感覚の世界にずっと、いたんですが。。
posted by y.i at 21:34| 3.メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする