2017年06月17日

スキルアップセミナー

今日は、中小企業診断士のスキルアップを図るセミナーに参加。
私は、(一社)兵庫県中小企業診断士協会の研修委員として、企画側としてお手伝いしています。

テーマは、こちら。
IMG_3045.jpg

IMG_3057.jpg

受講生が全員、中小企業診断士だけあって、どのテーブルも議論が盛り上がっているし、意見やアイデアが溢れるように出ています。

IMG_3064.jpg


posted by y.i at 15:35| 2.経営全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

今週の名言

「報酬以上の仕事をしないという人は、仕事ぶりに応じて報酬が上がっていくということを忘れている。」(エルバート・ハバート)

暑くなってきて、メダカの鉢の水がすぐに汚れるようになりました。そこで、昨日は水を入れ替え、今朝はすっきりです。

IMG_2858.JPG

posted by y.i at 09:42| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

日々、疑問B

正直なところ、関西流で言うと(こういうテキストにするに相応しい言葉ではありませんが…)「あほらしい」と考えざるを得ないと思う、加計学園問題なるもの。

朝日新聞の記事を読んでいると毎回、「安倍晋三首相の友人が理事長を務める」という枕詞がついて紹介されるところから始まっていますが、この枕詞自体が、6月1日の記事で記した「A 事実であっても、ある一定の方向に誘導するように都合のいいように記事を作成する。」手法だと思っています。

それはさておき、改めて記しておきたいのですが、私はどこか特定の政党を援護するために、こんな記事を書いているのではありません。
しかし、メディアにいた人間として、メディアが「真実」「本質」「公正」に物事を報じることが今も何より大切だと思っているから、その観点から疑問に思うことを、ささやかに発信しています。

その観点からみた、今日の疑問。
報道では、メモがあったかどうかということばかりが論点にされているのですが、あのメモがあったとして、何が問題のなのかが、私には依然としてさっぱりわかりません。

特定の組織に対する利益誘導の結果、政治家が不当な利得を得たことが証明されたなら、それは問題です。でも、いまそんなことは何も証明されていません。
にもかかわらず、すでに現政権が悪いことをしているような前提での報道やムードがこの国を覆い尽くしてしまっていますね。
やっぱり、このことのほうが怖いです。やれやれ。

そのメモが実在するとしても、@メモを書いた人が、わざと悪意で書いたかもしれない可能性だって存在します。また、A役所ではいつもあんな言葉が常用されているから、今回もあまり何も考えないで書いただけ、もしくはB行政をある方向に導きたい役人たちが勝手に総理の意向をいいように使っただけ、という可能性も残ります。
今回はほかにも、地元自治体のみならず、野党もかつては推進していたこと、その野党の中には、既得権益の代表となる人物がいることなどなど、見極めなければいけないことが山積しています。

加えて、前事務次官なる、人物。私からすれば、論外です。彼はちゃんと税金で給料をもらっている間に、自分の使命をかけて、きちんとした仕事を(公私とも)しておくべきでした。ただそれだけのこと。
(ちょっときついことを言いますが、きっと1年後に、この人の名前を思い出す国民は、ほとんどいないと思います。)

そういったことを、冷静に見極めながら、公正に情報を出すのが報道機関の役割のはずなのに、これらに目をつむって書きたいことだけを書く新聞。
ネットで調べてみると、私の古巣のジャパンタイムズもそうなってしまっているようです。情けない話と言わざるを得ません。

ただ、一部の既存メディアの報道だけを信じている人からは、私が記したこうした内容はきっと反発を受けると思います。
これこそが、私が一番心配している、「メディアによる分断」です。

posted by y.i at 14:24| 3.メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トレーニング

こう見えて、30代の初め頃から、ずっとフィットネスクラブに通っています。以前はスタジオに入ることもあったんですが、最近はもっぱら、ランニングor自転車の有酸素運動と、軽いウェートトレです。
とはいえ、仕事が忙しときはジムの時間を確保するのも大変です。
そんな中、先週は何とか時間を確保できました。
こちらは、自転車から見える景色。
IMG_2498.JPG

そしてこちらは、ウェートマシンのひとつ。上腕や背筋を鍛えるマシンです。

IMG_2503.JPG

IMG_2197.JPG

この日は、汗を流してから、午後からの研修に臨みました。

また、先週末は、新しい内容をプレゼンテーションする機会があったので、そのトレーニングも。
こちらは、自分の事務所で、講座の予行演習をしているところです。
iphoneを新しいのに変えたので、こうして簡単に自分が話している様子を撮影し、振り返ることができます。
とても便利になりましたね。

IMG_2783.PNG











posted by y.i at 12:52| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

今週の名言

「すべての困難は、あなたへの贈り物を両手に抱えている」 (リチャード・バック)

IMG_2446.JPG

3月31日の記事でご紹介したメダカのその後ですが、小さな鉢の中で元気に泳ぎ回っています。ただ、ちょっと寂しいことが。メダカって、ぜんぜん人になつかないですね。。人影がわかると、すぐに身を隠してしまいます。
それでも毎朝せっせと餌を上げていると、だいぶ大きくなってきました。
水草も増えてきて、いい感じです。

IMG_2202.JPG

posted by y.i at 18:01| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

日々、疑問A

昨日の記事で、「メディアの状況を見ると、最近は毎日とても暗澹たる思い」と記しました。
そこまで私が思うのは、本来、真実を公正に伝えて世の中をよくするべき存在であるはずなのに、既存メディアが今やっていることは、”分断”を生んでいるだけだと思うためです。
その最もわかりやすい例が、朝日新聞自身が誤りを認めた吉田証言に関する記事のために、多くの韓国人と日本人の間に、分断が生まれてしまったことでしょう。
あの作られた記事がなければ、韓国人と日本人の関係はもっと変わっていたと思います。

その分断が、「真実や本質を公正に伝えた結果生まれたもの」であるならば、受け入れなければいけないと思います。
けれど、現実はそうではありません。既存メディアが自ら果たすべき責務を果たさず、自らに都合がいいように恣意的な報道ばかりした結果、起こったことです。
私がいつも疑問に思うのは、どうしてこんなふうに恣意的になるのかということ。

ところで、恣意的になる際のパターンは3つあると思っています。
@ 本来ならしっかりと伝えるべきことを、意識的に伝えない。
A 事実であっても、ある一定の方向に誘導するように都合のいいように記事を作成する。
B ありもしない出来事を、あったかのように捏造する。

ネットの時代になる前は、多くの人がこれらのことに気づかないで、新聞に書かれていることやテレビで放映されること”だけ”を信じてきました。その結果、先に記した吉田証言なるものが、あたかも事実であるかのうようにセンセーショナルに報道され、そして他のメディアもろくに検証しないで後追い報道した結果、分断が生まれたのだと思っています。
自ら進んでネットで情報を取っていくと、ここで挙げた3つのパターンが今も常態化していることに気づきます。

だからこそ、私たちは今の時代に相応しい「メディア・リテラシー」を身に付ける必要があると思っています。「必要」というより、今の時代、ある年齢を重ねた大人にとっては「責任」という表現を使うべきだというのが私の実感です。ちなみに、リテラシーとは、読み解く力という意味です。

4月6日の記事の最後で、「そんな中で、やはり共謀罪反対がしばらく、続くのでしょう。」と書きましたが、今は「加計学園」なる学校に関することが問題であるように報道されています。
まるで雨後の筍のように”問題”が生まれてきている訳ですが、森友学園問題なるものが現れたときも、私は3月14日の記事で、私は「もともとこの話にはさして関心もなかったのですが」と書きました。その後、今に至るまで、”一部の既存メディアが追求しようとした何か”に対する回答はありません。

今回の加計学園の記事が朝日新聞の第一面にセンセーショナルに一番最初に出たときも、その中身を読んで思ったことは、「この内容で記事にするのは無理だ」ということでした。今日の紙面を見ていても、依然としてそのレベルから、ほとんど進歩がありません。にもかかわらず、そんなレベルの内容で紙面が埋め尽くされています。このままでは、上記したA、というよりBのパターンに当てはまってしまうかもしれません。
今後の展開を見ないと早計に判断はできませんが、朝日新聞は吉田証言のときとまた同じ道を歩んでいるのかもしれないと思っています。














posted by y.i at 23:03| 3.メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする