2017年09月30日

人間力の第一

毎月、最終水曜に私が主催するささやかな勉強会「六甲営業道場」ですが、今月は私の仕事の都合で一日前倒しをして、火曜日に開きました。”ささやかな”というのは誇張でもなんでもないのですが、その分、私が思ったり考えたりすることを、営業だけに留まることなく、経営面も踏まえて自由にお伝えさせていただいています。
そんな六甲営業道場の今回のテーマは、「人間力」でした。

その勉強会の場で何冊かの書籍をご紹介させていただきました。
その最初のものが、「夜と霧」と「エンデュアランス号漂流」でした。

41X13RTCGRL._SX310_BO1,204,203,200_.jpg

51GR16SM17L._SX334_BO1,204,203,200_.jpg

今回の道場での冒頭、私は「皆さんなりの人間力について、少しでも理解を深めていただければ、それでOKです」とお伝えしました。
ですので、上記の2つの書籍は私なりに考える人間力に資する書籍だと思っているものです。

そもそも、人間力という言葉自体そんなにメジャーなものではないと思います。また、人によってはうがった受け取り方をする人もいるかもしれないし、何をどう定義するかもいろいろなのでしょう。
ただ、私としては人間力という概念やそれについてしっかりと考えを深めようという姿勢を持つことは、とても有意義なことだと思っています。

そんな私が人間力の第一、というかベースに成るべき価値観であると考えたのが、「根源的な生きる力」であり、その考えを具体的に示してくれているのが上掲の2冊です。

PS
もちろん、この後にも重要な価値観が続いていきます。




posted by y.i at 00:00| 2.経営全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする