2018年03月14日

問題の本質

週末のテレビでわりと著名なコメンテーターが、「問題の本質は官邸主導主義の陰である」とコメントしたそうです。
しかし、私の理解は違います。今回の(というかいつもの)騒動の本質は、「権力闘争」だと理解しています。

その権力は、今回は3つあります。
いつも私がたとえている企業でいえば、社長と、広報担当専務と、財務担当常務の派閥争いのようなものですね。
代々、取締役たちと仲良くやってきた歴代の社長とちがって、今いる社長は、就任当初から改革に意欲的な人でした。
そんなだから、社長と経費引き締め第一の財務担当常務の間ではこれまで、「ゾーゼイ」を巡って対立的関係にありました。
社内で隠然たる権力(既得権益)を持ってきた広報担当専務もまた、「社内を改革する! 今の体制のもととなっている経営理念も例外ではない。」「ホーソーホーを変えて、広報の体制も変更したい」と宣言した社長に対して危機感を抱き、ここ数年、大バトルを演じてきている状況です。

そんななか、広報担当専務が”得意の文章力”を使って、「経理課員の失策を確認した」と社内で発表したのがつい先日です。
この会社の社員たちは、長年の体質から、
「事実かどうか、自分の目で証拠を見てからしっかりと判断する」
「だれが、どのような意図で、その失策を犯したかを理性的に判断する」
「物事の軽重を客観的に判断する」
ということを考えるより、
「まず社内で配付されている社内報を信じる」という傾向があるようでした。

それを良いことに、専務の息がかかった広報やマーケティング職員たちが、「社長の責任は重大である」との社内報をじゃんじゃん、まき散らしているのが現状です。
なので、社内はその噂話で持ちきりです。長年、専務の鉄砲玉みたいな社員もいて、この人たちが先頭を切って、社長室に押しかけているのは、言うまでもありません。
現状では、”得意の文章力”をほんの少し駆使しただけで、社長の人気がどんどん下がっているので、専務一派はほくほくです。

同じ業界内では、強力なライバル企業が大攻勢を仕掛けてきているというのに。。。

どの派閥にも属さない、末端の一社員の私としては、もし本当に社長が何等かの意図をもって、経理課の中に手を入れて、操作をしていたという証拠が出てくれば、社長を非難するでしょう。
しかし、現在のところはそのようなものは見当たらないので、早くまともな会社に戻ってくれないかなぁ、と願っているところです。


posted by y.i at 00:00| メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする