2018年04月17日

テレビ世代

最も古い幼少の頃の記憶で今でも思い出すことの一つは、ある日、たぶんこたつで寝ていて目覚めたら、目の前のテレビを家族が囲んでいてそこに水戸黄門のクライマックスが映し出されていたというものでした。
その頃以来ずっと、テレビはいつもとても身近な存在でした。
家に帰ったら、とにかくテレビをつける。これが当たり前の習慣でした。ずっと。
物心ついたころから、テレビで育った世代ですから。

だけど、私の中でその習慣が最近は、だいぶ崩れてきています。

実際のところ、今迄の習慣どおり、帰宅してテレビをつけても、ただ「くだらない」としか思えないことが増えてきました。

それは例えば、昔のドリフターズに対してPTAが目くじら立てていた(これまた古い!)のとはまた別ものの感覚です。
昔はまじめに、真剣に見ていた報道番組そのものが、”実はこんなものだったのか・・・”と思ってしまうことがとても増えてきてしまっています。

その大きな理由の一つを説明するとすれば、少し難しい言葉になってしまうのですが、「情報の非対称性」ということになるのでしょう。
「情報の非対称性」とは、簡単に言うと、「あるテーマについてとてもよく知っている人とそうでない人との”力関係”をどうとらえるか」、といったようなことです。ついひと昔前までは、この「情報の非対称性」が、どのような業界においてもとても大きかったんですね。。。

今夜のニュースステーションを見ていたら、日米首脳会談の話題は番組が始まってから30分ほど経ってからの放送でした。
それまでは、日報の問題とか、どこかの県知事の女性問題とか。

そもそも、日報という”軍事上の機密”をこんなふうに安易に世の中に晒してしまうこと自体が、以前に記事にした「カエルの楽園」状態だと思うのですが。しかし、安全保障という概念がない組織にそんなことを説いても無駄なんでしょう。
とにかく、憲法改正、放送法改正を掲げる現政権へのネガティブ・キャンペーンは、どこまでも続いていくのでしょう。

IMG_2408.JPG

ところで、私の子供(二十歳は超えているのですが)がこれまでの人生の中でテレビを見て喜んでいた姿を見たのは、彼が小学生くらいのときまででしょうか。。それも、ポケモンや遊戯王とかなんとかの戦隊もののマンガみたいなものしか見ていませんでした。
それ以降は、ネットの世界だけで情報を取っているようです。
そういう世代に変わっていくと、変なカラスに操作されることも、なくなりそうです。

IMG_1972.PNG



posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

Angus and Julia Stone の”Black Crow”

音楽、というかロックは私の人生の良きパートナーであり続けてくれています。
中学生の頃に、布施明の美しいメロディに感銘を受けました。普通ならそこからフォークの世界に行くものなのでしょうが、高校時代にビートルズに出会って以来、ロックが自分の中での音楽のメインストリームになりました。

昔は小林克也さんのベストヒットUSAや、週刊誌(FM雑誌)のビルボード情報などをよく追いかけていたものです。
でも、最近ではFM雑誌なるもの自体がすべて、姿を消してしまいました。
その代わり、家でも仕事場でもYouTubeを流していると、勝手に知らない曲が流れてきます。

そんな中で最近、偶然耳にして、すぐに気に入ってしまったのが今日のタイトルの曲です。
オーストラリアの姉弟のデュオらしいのですが、それ以上のことはよく知りません。昔だったら、好きになったバンドのことは徹底して全部調べて、曲も単独で聞くのではなく、アルバム全体で聴いていたものですが、いまはそこまでは追求していません。

だけど。
この曲は自分の中ではとってもお気に入りで、ここ数日聴き込んでいます。

”black crow”

https://www.youtube.com/watch?v=5FlJYPBTyqU

IMG_1596qqq.PNG



posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

人手不足!?

日々、疑問に思うことがあります。
細かいことはさておいて、私たちの生き方や私たちの大切な社会全体にとって、疑問に思うことは捨て置けません。

その一つが、昨今、話題になっている人手不足についてです。
本当に、急に、この嘆きがたくさんの経営者さんや支援者仲間から聞かれるようになりました。皆さん、どうにかしなきゃと真剣です。私自身も、支援する立場からいい助言ができるように努めています。

ただ、今日のこの私の私的なブログでお伝えしたいことは、おそらくこのテーマについて多くの方が考えていることと少し違うことです。
わたしがこの話について考えることは、「どうして、こんなに人手不足になってしまったのだろう!?」という根本的な原因についてです。
逆に言えば、あまりというかほとんど、そうした声は聞きません。そのことが、私にはちょっと不思議な感じです。

その一方で、こうした”根本的な原因”について一言も語ることがないまま、”外国人労働者をもっと増やすべき”といった記事を目にすることが増えています。

根本的な疑問ということでいえば、もうひとつ、去年からずっと思っていたことがあります。

北朝鮮のロケットがアメリカに届くということになって昨春から大騒ぎになり、今もアメリカと北朝鮮のトップ会談が大きな焦点となっている訳ですが。これでいいのかな、って思います。
つまり、”本来は北朝鮮のミサイルが『日本に届く』となった時に、日本国民はもっと大騒ぎしないといけなかったんじゃないか”と思うのです。
でも、そうならなかったのは、なぜなのでしょう!?


実は私の中では、人手不足の話と北朝鮮のロケットの話の根っこは、同じだと思うようになっています。


IMG_1594sss.PNG









posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

Blue Moon Revisited

昨日はブルー・ムーンでした。
写真は、我が家のベランダから、夜更けに撮ったもの。
大きな丸い月が、神戸の街を明るく照らし出していました。

IMG_0947.JPG

ブルー・ムーンといえば、普段からよく愛聴している曲があります。
亡くなった親友から、30年ほど前に教えてもらって、以来いつも折に触れてよく聞いている曲です。
cowboy junkiesというバンドの”blue moon Revisited
副題に a song for elvis とあるように、もとはエルビス・プレスリーが歌っていた曲です。

この曲はというか、この曲が入ったアルバム全体が、夜一人静かな気持ちでいるときに聞くときにお勧めです。

51fG3Ubk3gL._SS500.jpg








posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする