2017年11月28日

今後ますます・・・

先日、とある交流会で社会保険労務士の方と同席する機会がありました。その方が仰るには、中小企業診断士と直接話す機会を得たのは初めてであるとのこと、また中小企業診断士ってどんな仕事をしているのかよくわからない、とのことでした。
お隣には、研修をビジネスとされている方もおられたのですが、その方も同様のご意見でした。
おそらく、世の多くの経営者の方々も同じようなご認識なのではないでしょうか。

一方、先週の土曜日は、私が所属する(一社)兵庫県中小企業診断士協会が主催するセミナーで、財務事務所の方にご講演いただいたのですが、その方が仰るには「近いうちに、地域金融機関の多くが自力で営業利益を確保できなくなる見込み」とのことでした。講演では、具体的に5年後にはこれくらいの比率の地域金融機関が、このような状況になると、明確な予測をたてられていました。
日本の金融機関を取り巻く状況は、非常に厳しいものがあるようです。
こうした状況にあって、金融庁自体が組織改革を進めているし、地域金融機関には事業性評価の拡充をはじめとする意識転換が求められているということのようです。

つまり、企業に対する対話型の支援やコンサルティング機能の発揮がより一層求められているわけですが、こうした支援に対応できるのは、士業の中では中小企業診断士だけといっても過言ではないと思います。




posted by y.i at 00:00| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする