2018年03月29日

再確認

しばらく前にブログの見出しのところを、「元新聞社出身という出自から現代のジャーナリズムに危機感を持ちつつ、」という表現に変えました。
最近の状況から、こうした認識の大切さをますます実感しています。

以前にも書いたことですが、私がブログでこんなふうな記事を書いていても、私自身の事業にとって、マイナスになることはあっても、なんらプラスになることはないと思っています。
だけれども。
齢50を超えて思うのは、自分の利益つまり収入云々も大切ですが、それ以上に次の世代により良い世の中を継承していくことが同じくらい、またはもっと大切なんじゃないだろうかということです。

そんなふうに、より良い社会を作っていくためにまず大切なことは、「事実」、「真実」が正確に語られる社会にしていくこと。これはジャーナリズムの世界にいたときも、コンサルティングの仕事をしている今も、一貫して変わらない姿勢です。

それともうひとつ私の中で大切な価値観は、常に「公正である」ということです。
だから、例えば、正義の仮面をかぶりながらこっそり自分だけ利得を得るとか、みんなが汗を流している時に自分だけ楽して利益を得るとかいった姿勢は、自分の中ではあり得ない話です。

そうした視点で見つめながらここ数日、再確認したことは、既存のメディアの多くはやはり信用できないということです。

3月19日に書いた「やっぱり」という短い記事があります。
あの記事を書いた日、朝から国会の質疑応答を見て、私の中ではこの問題の8割方はもう解決した話になっていました。(残りの2割は確認するためのものでしたが、一昨日の佐川氏の答弁でそのうちの半分は明らかとなりました。つまり、政権の関与の有無についてです。残りの半分はおそらく財務省内で官僚たちが抱える問題で、だからここは証言拒否となったのだと思います。)
その根拠となる質問をしたのは自民党の和田議員でした。彼は、事実と的確な推論をもとにして”現政権と緊張関係にある”財務省の役人から、真実を引出そうと誠実に努力していました。(これはあくまで、私の率直な”感想”です。)
しかし、翌日以降のメディアは、彼の成果と言える本筋の質疑は一切無視して、逆に彼を非難できるような些末な質問だけを ―ほとんどすべてのオールドメディアが同じようにー クローズアップし、彼をバッシングし続けました。
そんな様子を見て私が思ったことは、彼がこれだけバッシングされたということは、よほど真実に近付いていただんだなということです。
だから、オールドメディアにとっては都合の悪い人物だと認定されてしまって、あんなバッシングにつながったんだと思います。

事実や真実、そして公正さがないがしろにされる社会ほど怖いものはないと思います。私たち自身がしっかりと、そのことを意識する必要があるのではないかと思います。









posted by y.i at 00:00| 3.メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする