2018年09月03日

久しぶりに、キンクス。

9月の第1月曜日。
今朝、車で事務所に向かっていたら、学校帰りの小学生たちがたくさん歩いていました。始業式が終わったばかりだったんでしょうね。
明日は大阪市内で午後からセミナーだったのですが、朝一番で主催者の方から連絡があり、早々と延期が決まりました。
それにしても、台風が多いですね。
さっきベランダに出てみると、まだ無風で、夜空に雲の切れ目もたくさん見えましたが、明日には暴風になっていることでしょう。なんせ、今年最強レベルだそうですから。。

そんなことを考えていたら、久しぶりにキンクスの曲を聴きたくなりました。
20代、30代の頃にはよく聴きこんでいた "Think Visual" というアルバムからの、 "Lost and Found" という曲です。


kinks thinkvisual.jpeg.jpg

歌詞の出だしは、こんな感じです。

Waiting for the hurricane,To hit New York City
Somebody said it's hit the bay, This is the nitty gritty
And all the bag ladies Better put their acts together
We're near the eye of the storm
This is really heavy weather

ハリケーンがニューヨークの街にもうすぐやってくる。
誰かが、港を直撃するって言っていた。もう、大変な状況になってきた。
ホームレスの人たちは、どこかに避難したほうが賢明だ。
もう”台風の目”が、すぐそこまで来てるんだから。
今度はほんとにひどい嵐になりそうだ。

歌詞ではこの後も、ハリケーンに襲われたニューヨークの街での主人公の様子が歌われるのですが。

それはさておき、私の場合、キンクスは初期の頃はリアルタイムで聴いてはいませんでした。(年齢的に当たり前なのですが。。)
私が20前くらいの頃、というか、今でもよく覚えているのですが、大学に入ったころに "State of Confusion" というアルバムがヒットしました。当時はMTVが全盛の頃で大学の近くの喫茶店はどこも、当時のカフェバー風の大型スクリーンを備えてそこにMTVの映像を映し出していました。
そこでよく流れていたのが、キンクスの ”Don't forget to dance" という曲。すぐに大のお気に入りになりました。

以来、特に80年代以降のキンクスの曲をずっと聴きこんできましたが、どの曲もメロディー・ラインが秀逸だと思っています。それと、レイ・ディビスのちょっと鼻にかかったヴォーカルーとても美声とは言えないですがーが魅力です。
今日ご紹介しているこの曲も同じです。


こちらのサイトで、確認していただけます。

PS
いつも、記事を書いたあと、翌日などに文章を見直して ”てにをは” などを少し修正しています。
そんな作業をしていたら、ようやく神戸の街も、雨風がやや落ち着いてきました。
時刻は午後4時前です。









posted by y.i at 00:00| 音楽♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする