2018年12月06日

孤独な仕事

この仕事をし出して、10年を超えました。いまは、11年目です。
そのなかで改めて思うこと・・・それは、私がしているこのコンサルタント業は
基本的にとても、孤独な仕事だということです。それは、本を書く作業に似ていた
りするかもしれません。


士業にもいろいろあり、弁護士や社労士や税理士などが、皆さんがすぐに思いつく
ジャンルでしょう。
これらの士業は、独立して仕事をしている先生方はほとんどみな一匹狼で、だから
周囲の同業者は自らのテリトリーを犯すライバルです。
したがって、実務の上では同業者同士で連携することもほとんどないそうです。

それに比べて、中小企業診断士は同業者同士、(他士業にくらべて)仲がいいとよ
く言われています。
実際、そのとおりなんです。そのため、仲間どうしでよく一緒に行動したり、飲み
会をしたりといったことが日常茶飯事です。そのため、facebook等を眺めていると
いつもみんなで仲良く時間を共有している様子が伺えます。
それはそれで、素晴らしい関係性です。
背景には、(独占業務=同じ仕事をする、といったことがないため)直接競合する
ことがないことが多い、だから自分ができなことは仲間に仕事を依頼すること
が多い、などなどといった背景があります。

しかし一方で、あまりにそうした関係性に依存すると、自主独立というか、自分で
自分の道を開くという、本来あるべき姿勢が弱くなってしまうのではないか!? 
ということを考えたりもします。

ある意味で心地良い、診断士仲間同士の場でいろいろ共有できたとしても、その世
界から一歩外へ踏み出すと ―当たり前のことなのですがー 成果だけが求められ、そ
れを担保するためには自分一人の力に頼るしかありません。

そんな意味で、私は基本的にこの仕事はとても孤独な世界だと思っています。
先日、プロコン育成塾での最終日で私の講義があり、そのあとの懇親会の場で、こ
れと同じ話をしました。
塾生の皆さんはこれまでは一緒に席をならべて楽しく勉強する仲間だったかもし
れません。
しかしこれから独り立ちすると、コンサルティングの仕事であれ、セミナーや研修
であれ、最終的に頼れるのは、自分自身(一人)の能力と、気概でしかないと思い
ます。







posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする