2019年02月26日

歪んだメガネ

今日の朝日新聞を開いてみると、あちらこちらのページで現政権および首相に対する非難の記事で、一色でした。

IMG_4884.JPG

IMG_4891.JPG

相変わらずの、面目躍如です。
以前までの、たぶん7,8年前までの私ならこうした記事を信じて、素直に、現政権の批判に回っていたことと思います。

けれど、ほんのこの一週間ほどを見ていても、ちゃんと目を開いて見ていれば今の時代、何が真実で何が嘘かがわかるようになってきたと思っています。

例えば。
しばらく前に、辻元議員に外国人からの献金の疑義が持ち上がった翌日、朝日新聞は4面か5面の中ほどで、ひっそりと報じただけでした。これが自民党の議員だったら、今頃は大騒ぎの大フィーバー(古い!?)になっていたことでしょう。
同じその日に確認したところ、毎日新聞ではこれっぽっちも報じていませんでした。まぁ、毎日新聞は私が新聞社を志して就職活動をしていた頃からずっと、死に体なのでかまわないのですが。。

辻元議員でいうと、「関西生コン」についても、多くの国民が事実を知らされていないままなのではないでしょうか。
少なくとも、朝日新聞の愛読者で、日ごろはネットとつながらず、テレビだけを一日中つけている私の母は、「関西生コン」の存在とそれにまつわる奇怪な事件のことを、まったく知らないままでいると思います。

念のために繰り返しお伝えしますが、私は政治のことについてとやかく言うつもりはありません。ただし、このブログでは「メディア」のあり方やそれに引きずられて歪んでしまっている社会の在り方については警鐘を鳴らしたいと思っています。

つい昨日も、ツィッターを見ていると、NHKが韓国のサムスン社のケータイについて、社名を堂々と示して報道していたことを知りました。
ふだん、NHKは特定の企業の利益になるような報道を避けるために企業名を出さないようにしているはずなのに、どうしてサムスン社だけはこうして名前を出して新商品を紹介するのでしょう!? そしてさらに調べてみると、サムスン社の名前がNHKで紹介されるのはこれが初めてではないようでした。

IMG_4902.PNG


それと、最近もっと驚いたこと。
経済評論家の上念司さんによれば、北朝鮮のチュチェ(主体)思想のセミナーに多くの沖縄県の主要な政治家などが参加していたとのこと。
これなどは、テレビでは絶対、報道されないでしょうが、個人的にはちょっと驚きました。
日本は知らないところで、こんなふうになってしまっているのだ、と。

IMG_4901.PNG

posted by y.i at 00:00| 3.メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする