2019年11月27日

猫じゃらし


スティーブン・コヴィーという人の著書「7つの習慣」に、仕事というものは4つのカテゴリーに分けられるというパートがあります。
縦軸に仕事の重要性、横軸に仕事の緊急性をとって、これをプロットすると4つのカテゴリーができるわけですね。

その4つは、次のように区分できます。
@重要で、なおかつ緊急性の高い仕事
A重要であるが、緊急ではない仕事
Bほとんど重要ではないが、緊急性が高い仕事
Cほとんど重要でない上に、緊急性も低い仕事

このマトリクスを思い出したのは、今が旬の話題の「花見の反省会」についてのニュースを見ていた時です。
今年の花見についても開催した以上は、PDCAの観点から、反省会を開いたほうがいいのでしょう。これも確かに一つの仕事と言えば、仕事だったのですから。

だけど、これは上記の4つのマトリクスのどこに当てはまる仕事なのでしょう!?

冷静に考えれば、すぐにわかる話だと思います。
とにかくまずは、「花見」だったりするわけですし。

けれど、この点に気づかない人も多いようです。
そこでふと、私の頭の中で唐突に思いついた「絵」というか、風景があります。
それが「猫じゃらし」と戯れる猫の絵(風景)でした。

猫って、目の前に猫じゃらしを突きつけられると、本能的にそれしか目に見えなくなって、他の事を忘れてひたすらそれを追い続けます。
その風景と今の世相が、とてもそっくりだと思えてきたのです。
もちろん、猫じゃらしをつかみ取っても、猫には何の利得もありません。なのに猫は、目の前で猫じゃらしを振り続けられると、懸命にそればかりを追い続けてしまいます。 ”誰が、何の意図で猫じゃらしを振り続けているか” を、知る由、というか考えることもなく。


現代の世相に置き換えてみると、この猫じゃらしには例えば「WGIP」とか、「プレス・コード」とか、「ヴェノナ文書」といったスパイスが仕込まれていることを、知っている人はよく理解しています。
いま戯れている猫もこれらのキーワードに気づいたら、猫じゃらしの効力もだいぶ薄れると思うのですが。けれど、こうしたキーワードに気づかないからこそ、猫じゃらしに騙され、追い続けてしまうのでしょう。

それとあと、猫じゃらしを振るヒトは右手でそれ(猫じゃらし)を降り続ける一方で、ぎゅっと握った左手の中に隠し事もたくさん持っているというのがこの絵の全体像です。














posted by y.i at 00:00| 3.メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする