2020年01月24日

ラストスパート

以前からセミナーなどでご縁をいただいている伊丹商工会議所さまからご依頼をいただいて、昨年の10月から、同商工会議所さま管内の複数の飲食店さまの支援をさせていただいています。
これは、国が定めた伴走型小規模事業者支援推進事業を活用しての地域の事業者様への、ご支援です。

今回のプロジェクトではそれぞれのお店が抱える経営課題は千差万別。その各店の状況に合わせて、チラシ作成などの販促、原価改善、新メニューの開発、店内の意匠変更など、様々な提案や助言をさせていただいています。


このプロジェクトは、昨年10月に私の事務所がある六甲道で繁盛しているお店の見学会からスタートしました。
その見学会の最初のお店は、こちらの「串ぐし」さんでした。
もともと串カツの専門店だったのですが、今はいろんなアラカルトメニューが揃っていて、遠くは芦屋や西宮からも来店がある人気店です。

当日は、創業当初から震災を経て現在に至るまでの歴史や、メニュー開発や日々の業務におけるこだわりをたくさん、お教えいただきました。写真は、皆さんが熱心にメモを取っておられるところです。

IMG_7201.JPG

「串ぐし」さんは、私の事務所があるビルの1Fで営業されていて、私の事務所の大家さんでもあります。

そのあと、もう一店、徒歩3分ほどのところにある「たまき」さんを訪問しました。

IMG_7235.JPG

このお店も六甲道の人気店です。
私は「たまき」さんが開店されたときから通っていたのですが、今回のプロジェクトで繁盛店をさがせ! となったとき、自分の中で意の一番で候補に挙がったお店です。

こちらの写真は、そんな私の思いに共感してくださったオーナーさんが、研修の参加者(伊丹市内の店主の皆さん)に一生懸命、ご自身の体験をお伝えしてくださっている様子です。

IMG_7215.JPG

貴重なお話を伺ったあとは、みんなでぱちり。

IMG_7204.JPG


このプロジェクトは2月末までなので、今が佳境です。
日々一生懸命がんばっておられる店主の皆さん、こんな貴重な機会を任せてくださった会議所の皆さんのためにも、ラストスパートを精一杯したいと思っています。




posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする