2020年04月22日

メディアがあおる不安

久しぶりに、メディアのカテゴリーでのエントリーです。

いま、多くの人が日々報じられるニュースに見入っていると思います。
でも、一日中家の中にいて、例えばテレビの報道ばかり見ていると、気が滅入ってしまいそうな感じになる方も多いんじゃないでしょうか。
メディアは真実を伝えないとよく知っている私も、ついそんな気がしてしまいます。まるで洗脳装置のようですね。今は感染拡大期にあるので感染者が増えていくのは自明の理なのに、来る日も来る日も「今日は何人増えた」、「今日はどこで患者が見つかった」という報道ばかり。もっと冷静な分析をしてほしいものだと思います。
そんな状況に警鐘を鳴らしてくれているのが、神奈川県医師会の発信です。

神奈川県医師会が、「不安をあおるメディア」に投げかける疑問

上記の記事では、同医師会の副会長が次のように述べておられます。
「過去の類似のウイルスの経験で対応するしかないのは当然ですが、それのみですべてを語ろうとするのは危ういことです。それなのに、その後間違っていたとわかった事柄も訂正せずに、別の話をし続けるようなことがありました。そして専門家でもないコメンテーターが、まるでエンターテインメントのように、同じような感情的に主張を繰り返していたのです。

実際に、コメントの内容が現場状況と異なっていることが往々にしてありました。コメンテーターの方々は実際の現場に足を運んでお話をしているのかと疑問を持ちました。レポーターの画面受けする取材をもとに、ただ遠くから見て、野次馬と同じように発言しているだけのようでした。」(以上、同記事より抜粋)

現実から目を反らすことはできませんが、偏った情報だけを無防備に受け入れ続けることも避けたいものです。そして自分なりに冷静に状況を把握して、できるかぎり正しい行動をとりたいものです。


こちらは、「日本の医療関係者へ感謝のメッセージ」と題されたアメリカのヤング臨時代理大使のメッセージ
この状況下でメディアは絶対に取り上げませんが、前向きなメッセージなので、これも現実としてご紹介します。

IMG_9190.PNG

IMG_9188.PNG



posted by y.i at 00:00| 3.メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする