2016年03月20日

第3回六甲営業道場のご案内

下記のとおり、第3回六甲営業道場を開催いたしますので、ご興味をお持ちの方がいらっしゃれば、ご遠慮なくご参加ください。

テーマ 「営業の基礎・基本〜人間関係力の構築〜」
日時 平成28年3月23日(水)19時〜21時
会場 六甲道勤労市民センター B会議室
JR六甲道駅降りて南すぐ
 http://www.kobe-kinrou.jp/shisetsu/rokkoumichi/
会費 2,000円

ご参加いただける方は、こちらのメールに参加希望として、以下のページからご連絡ください。
http://www.ocsc.biz/category/1267942.html

なお、今後は4月27日(水)19時、5月28日(土)17時30分に開催します。
posted by y.i at 17:00| 2.経営全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

小金屋食品さん

一昨日、私がお手伝いしているおおさか地域創造ファンドの交流会を、吹田商工会議所さまで開催しました。
このファンドは、今年で10年目を迎えますが、これまでに多くの事業者さんが、新規事業を立ち上げたり、新商品を開発し、ご活躍されています。

そんな中で、今回は私が「竹姫納豆」という新商品開発のご支援をさせて頂いた大阪府・大東市の小金屋食品の吉田社長にご講演をしていただきました。

IMG_0905.jpg

その吉田さんが、本日のテレビ大阪の番組(12時30分〜13時)で紹介されます。

http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/yumeshokunin/

きっと、経営者の皆さんにとって、得ていただくものがあると思いますので、ご紹介させていただきます。
直前のご案内となりましたが、来週BSで再放送されるようです。
また、3月24日のBSジャパン 「夢織人」でも放送されるとお伺いしています。

posted by y.i at 10:21| コンサルティング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

2月のあれこれ

幾つかの仕事が続いていて、前回の記事からやや間が空いてしまいました。
その間の様子を写真で少し振り返ってみます。

IMG_9205.jpg
快晴の青空の下を走る連絡船から。
休みの日ではなく、診断先に向かう途中だったので、スーツ姿でぱちり。


IMG_9184.jpg
こちらの写真は、企業さまのご了解をいただいて掲載しています。
新しい年度に入ったのと、新体制に移行したことから、従業員の方に集まってもらって経営陣からのメッセージを伝える場を持ちました。
新しく働いてくださるようになった人たちもいるので当社の設立の経緯を改めて説明したあと、経営理念、日頃しっかりと働いてくださっていることに対する感謝と労いの言葉、これからのビジョンなどを熱意を込めて語ってくださいました。
もちろん、私も事前の打ち合わせから参加して、この日を迎えました。

また、13日、14日の両日は、プロコン育成塾の診断発表会でした。
全12名の受講生の方が半年に亘って参加した塾の最後の発表の場です。

IMG_9325.JPG

14日の午後には、講師陣からの最後のメッセージ。

IMG_9333.jpg

その後は、これまでの修了生も交えて、盛大な懇親会が開かれました。
皆さん、お疲れ様でした!

IMG_9354.jpg

IMG_9334.jpg

IMG_9340.JPG

そして、最後の写真は研究会の打ち上げです。
地域活性化を目的とした研究会ですが、毎年、一つの市や町に絞って、その地域の活性化を図るためのコンサルティングや具体的な活性化プランの策定を行っています。平成27年のテーマは、加西市でした。
「いこいの村播磨」というところで宿泊したのですが、この写真の後、2次会に移行したのは言うまでもありません。。。
IMG_9574.jpg



posted by y.i at 00:00| コンサルティング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

ようやく、少し…

先日の六甲営業道場は第一回目を、おかげさまで無事、開催いたしました。

その講義の場で、参加してくださった方々に森信三先生のお話をさせていただいたので、久しぶりに書棚から「森信三一日一語」を手に取りました。
本日、2月1日のページには、次のとおり記されています。

「人生二度なし」
この根本認識に徹するところ、そこにはじめて叡智は脚下の現実を照らしそめると云ってよい。

講義の時にもお話したのですが、「人生二度なし」という言葉そのものはわかるのですが、私はその本当の意味するところはわかっていないだろうと、ずっと思っていました。
ただ、最近、ようやくほんの少し、わかるような気もしています。
あくまで、ほんの少しなのですが。。



posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

納豆BAR小金庵

おおさか地域創造ファンドでお手伝いをさせていただいた小金屋食品さまという、納豆の製造メーカーさんがあります。
私がご支援させていただいた時、従業員は女性ばかり5名でした。いまも8名ほどの小さな会社ですが、社長の吉田恵美子さんはおいしい本物の納豆を作りたい・お届けしたいという思いで、日々がんばっておられます。
ホームページを拝見していると、そのこだわりや本物を作りたいという思いにブレがまったくないことがよくわかります。

もともと、小金屋食品さまは吉田社長のお父さんが創業された会社でした。その初代社長が急逝されたことで、急遽、経営者となられた吉田さん。以来、懸命に走り続けてこられたことと思います。

そんな吉田さんが、2月1日に大阪市内に直営店を出店されます。店の名前は、「納豆BAR小金庵」 
”BAR”の意味は、チラシ.pdfでご確認ください。とてもいいコンセプトだなぁと思います。

それと、1月31日のNHK「ルソンの壺」で、吉田さんの取り組みが紹介されてることになっています。
http://www.nhk.or.jp/luzon/
日頃から、広報(パブリシティ)活動にも熱心に取り組まれておられるるので、確実にその成果が出ています。
こちらもぜひ、ご覧ください。
 ※おおさか地域創造ファンドは補助金事業です。そのため、この記事の内容は、すべて公知の情報だけで記載しています。



posted by y.i at 00:00| コンサルティング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

プロコン育成塾での講義

このブログでも、何度かご紹介している兵庫県中小企業診断士協会主催の「プロコン育成塾」ですが、1月9日に私の講義がありました。
私の担当は、「プレゼンテーション」です。

当日の様子は、こちらのページで、ご確認いただけます。





posted by y.i at 00:00| コンサルティング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

もうひとつは

今年の新しい取り組みが、もうひとつあります。

私がずっと参加している営業道場の支部を、私の地元の六甲道で開設することになりました。
第一回は、1月27日(水) 午後7時から開催します。
場所は、JR六甲道駅すぐの会議室です。

詳しくは、下記の営業道場のホームページでご確認ください。
http://eigyo-do.net/schedule/523.html

営業力やコミュニケーション力を高めたい方にとっては、有益な時間をすごしていただけると思います。
ご興味のある方は、お気軽にご参加ください。

posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

謹賀新年

新年あけまして、おめでとうございます。
今年は本格的に仕事を開始したのは昨日からですが、いくつかのレポート作成などがあり、三が日の間もなんだかんだと作業をしていました。
そんな中で、いつもお正月に欠かさずやっている”これまでの思索をつづったモレスキン・ノートを開いて過去の記述を振り返りながら、今年の抱負や思いを新たに書き綴ること”は、今年も元旦の日にできました。
ちょうど、去年もこんな感じでしていました。
http://y-ito.seesaa.net/article/411818794.html

ところで、今年は去年のうちから準備していることがあります。
ひとつは、ホームページを作り直すこと。
私のホームページは、独立するときに作ったものですが、もうだいぶ古いし、手つかずのままになってしまっています。これを、近日中に新しいものに刷新したいと考えています。
刷新できましたら、このブログでもご案内いたします。

年末年始の間も、近くのジムで少しでも運動するようにしているのですが、ここのところはランニング・マシンで走りながら、よくユーチューブで好きな音楽を聴いています。ランニングするときは、やはりアップテンポの曲が多いのですが、この頃、よく聴いているのがこちらの曲。
coldplayの yellow
https://www.youtube.com/watch?v=yKNxeF4KMsY

前向きな歌詞&曲調と、だんだん明るくなっていく浜辺の景色が、ちょうど新しい年明けに合っているように思っています。(少し、音量は注意していただいた方がいいかもしれません。)
posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

11月のあれこれ2

ほかには、兵庫県下のあちこちにでかけていました。
地域活性化の会議に出席するために、内陸部のある街にでかけたり、経営改善支援のために瀬戸内のある町にでかけたり。

そして、昨年と同様、解禁したばかりのカニを食べるために日本海へ。
いつもお世話になっている支援機関の方々と、一緒です。
やってきたのは佐津海岸というところです。
カニがおいしいのはもちろんですが、この町はしっとりと落ち着いていて、心からほっとできる場所です。

この写真はなんということもない、ただの道の角なんですが、私の記憶のなかの昭和、それも30年、40年代頃の風景のように感じられます。

e12.JPG

宿に着いてお風呂を浴びてから、夕食時まで少し散歩をしました。海岸までは5分ほどなのですが、小さな路地にだんだん明かりがついていきます。
そして、この小さな道を歩いていくと、

e13.JPG

美しい砂浜に出ます。
小さな入り江になっていて両側に小高い山があるからか、波音が反響するように大きく聞こえます。
人がいない砂浜で風に吹かれていると、とても清々しい気持ちになれました。

e14.JPG


翌朝は、香住の朝市などを巡りました。とても賑やかで、冬本番を感じさせてくれました。

e11.JPG
posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

11月のあれこれ 1

11月は、昨年と同様、出張続きになりました。

2週目はずっと東京に滞在して研修業務。
仕事が終わってから、日本橋で、サラリーマン時代の先輩たちと久しぶりに一献傾けました。

e1.JPG


中にはおよそ30年ぶりに再会した先輩もいらっしゃるのですが、美味しいお酒を飲みながら昔話に花を咲かせていると、すぐに若い頃にタイムスリップしたように、当時の話題で大いに盛り上がりました。

e2.JPG

本当に楽しい時間だったなぁ。

その仕事が終わってから、週末に、念願だった葛飾柴又に足を伸ばしました。
実は私は20代の頃から、大の寅さんファンです。
きっかけは、仕事で困ったり、自分の至らなさに気付かされた時などにふと「男はつらいよ」を見て、気持ちを前向きに切り替えられるようになったことからだったと思います。

e8.JPG

雨がしとしと降る中を、柴又駅から帝釈天の参道を歩いていったのですが、(当然ながら)初めて来た気がまったくしません。

e4.JPG

お参りしたあとは、少し歩いて江戸川の川べりを通って、寅さん記念館へ行きました。

e6.JPG

その帰りにまた、帝釈天の中をぶらぶら歩いていったのですが、夕闇迫るお寺の中を歩いていると、ふと、その角を曲がったら寅さんやさくらに出会えそうな気持ちになりました。

e7.JPG






posted by y.i at 14:24| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

遠くを見つめて

昨日のNHKの番組で、縄文文化の特集を放映していました。そのなかで、当時の様子を復元した三内丸山遺跡という場所が紹介されていました。
この遺跡には、巨大な6本の杭跡があり、何のために使われていたかはっきりとはわかっていないそうなのですが、私にはその当時のリーダー格の人たちがここに上って、遠くを見つめていた姿が脳裏に浮かびました。

vis.JPG

こちらの写真は、たまたま通りかかった田舎でのスナップ。
幻想的で、美しかったです。
縄文時代にも、同じようなことをしていたのかもしれいないですね。

aki2.JPG

aki1.JPG

posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

最初にお伝えしたいこと

今日は、いつもお世話になっている支援機関さまと地域金融機関さまが主催される研修の第1日でした。
研修は全部で3日間で、毎回、午後1時半から5時半までの4時間あります。

その初回の冒頭で、私が担当する3社さまにお伝えしたことがあります。
それは、「この時間と労力を有効に使えるかどうか、成果を出せるかどうかは、皆さんの努力次第」だということでした。

これまでの支援経験のなかで感じていることがあります。
セミナーでいい話は聞けた。その時は、本当によかったと思っている。だけど、結局、話は話で終わって自分は変わらない、変われない。
もしくは。
コンサルタントの先生に来てもらっているのだから、あとは全部お任せして、社員を鍛えてもらおう…それだけで終わってしまって、結局、自身は汗を流さない、もしくは〜これがとっても大切なのですが〜「自分(経営者さん)が変わるための努力」に向き合えない。
そんな場面に出会うことがあります。

お金を払ってセミナーに来ている/コンサルタントに来てもらっているのだから、当然、何らかのメリットがあるだろうと期待していただくのは全然問題ないし、私としてもとてもありがたいことだと思っています。でもそれだけじゃ、だめなんです。成果は出ません。
コンサルタントは、魔法をかけることができるわけじゃないのです。

だからこそ必要なのが、皆さんの自助努力です。
特に、経営者さんにとっては「自分が変わる」ことに向き合うのは、大変だろうと思います。
なぜかというと、それはこれまでの自分を否定することにもつながるかもしれないからです。時には、社員の前で格好つけていた自分、これが正しいんだと言い続けていた自分を否定しなければならないかもしれません。中には、そのことにうすうす気づいているけれど、認めるのが嫌だから、自分自身に対しても気付いていない振りをしている方もいらっしゃるかもしれません。

だけど、それ、つまり「自分が変わる」ができなければ、会社は絶対に変わらないと思います。

今のままの経営スタイルでも会社の業績はずっと好調だ、社員もみんな幸せだと言い切れるのであれば、それはそれでいいと思います。でも、そんな会社は存在しません。なぜなら、少なくとも、周りはどんどん変わっていくからです。
今日のセミナーでは、最初の3行目から5行目をシンプルにお伝えしただけで、6行目以降はお話しませんでしたが、私の思いの背景はここにあります。

幸い、今日、担当させていただいた皆さんは、私の言葉をしっかりと受け止めてくださいました。
そもそも、今日のような平日の昼間、4時間もかかる研修に参加される皆さんです。自社の経営を良くしたいという思いが、もともとしっかりとある方々なんです。

写真は、今日のセミナー会場の部屋の扉にかかったプレート。
ここで記した内容をどうお伝えしようかと考えながら扉をくぐりつつも、思わず「どっちかはっきりせい(笑」と心の中でつぶやいてしまいました。

大中.JPG


posted by y.i at 00:00| コンサルティング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする