2020年02月24日

Life just goes on.

この一週間ほどは、なんだかんだと外出する仕事があってばたばたしていました。

ちょうど一週間前は、中小企業診断士の試験を通った方々と一緒にコンサルティングの実習支援。
この仕事をしていていつも思うのですが、この場に集う皆さんはいつもとっても前向きで・・・ひとつの目標に向かって共に歩めることって、なんと気持ちのいいことかと。

プロジェクトの最終日となったこの日は、企業さまへの報告会等があり、それまでメンバーそれぞれが考え、そしてみんなで一つの形にするべくともにしっかり議論した考えを、経営者様にお伝えしました。そんな一日を歩数計で見てみると、ここ数カ月で最も歩きまわっていたみたい。

IMG_3727.PNG

そんな仕事の合間ではありますが、支援先での仕事が終わった帰り道に少し寄り道して、マウンテンバイクの練習です。
いわゆる、忙中閑あり。
ほんの束の間の時間なのですが。

IMG_3899.jpg


この日は、私の他には、たぶん小学校にもいってないような小さな子が ―お父さんがそばでずっといたのですがー 一人いるだけでした。
腕前は、私よりも格段に上なので、この世界では大先輩だということが、すぐにわかりました。


IMG_3891.jpg

IMG_3892.jpg


一時間弱、練習しての帰り道。

IMG_3868.JPG

その気になれば、とってもきれいな景色がすぐ身近にたくさんありますね。
とってもきれいな時間も、心がけ次第でたくさん見つけられる。
それがいまの私たちの住む世の中だと思います。

PS
タイトルは、この記事を書いてる途中で思いつきました。
ローリングストーンズのindian girl の歌詞の一節からです。











posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

セミナーのご案内

3月25日に、「より良い経営を考えるセミナー」を開催いたします。
今回のテーマは、「働き方改革を経営に活かす」ことが中心になります。

ホームページのこちらをご確認ください。

IMG_4045.PNG








posted by y.i at 00:00| 2.経営全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

how can we dance?

振り返ってみると、もう10年以上このブログを続けていて、投稿した記事の数は500を超えています。

もともと、経営コンサルタントとしての活動のためにと思って書き始めたブログです。しかし、そのほかにも伝えたいことがあって、それで「メディア」というカテゴリーを中心としたところに収めてきました。

「ほかにも伝えたいこと」をなぜ書き続けてきたかという本質は、日本が、まさに今回のような「危機」(今回はたまたま、新型コロナの流行という形で現れたのですが)に備えられる社会になっていかなければ、将来、大切な家族や友人が大変なことになるかもしれないという思いからです。

そんな私なりの危機認識を伝えるために、「bed's are buring」や「カエルの楽園」といった記事を書いてきました。


そして、メディア、特に朝日新聞や幾つかのTV局をはじめとするそれは、こうした危機を人々が理解することが彼らなりの「利益」と「目的」に反すると考えている危険な存在だと私は思っているので、その断片を少しでも客観的に理解してもらいたいと考え、記述してきました。

けれど、私の感覚ではこうした危機認識を持っている日本人は、たぶん国民の1割にも満たないのではないかと思います。
新聞は正しいと思いこんでいる人も多いので、新聞を読む習慣を持っている世代では、この比率はもっと下がるでしょう。

たとえばですが、「アイヌ新法」の危険性を認識している日本国民は少ないと思います。
朝日新聞をはじめ、多くのメディアで多くの人がアイヌ新法の記事を目にし、さほど関心も持たずに次のページをめくったのだろうと思います。

けれどこれ(アイヌ新法が成立したこと)は、また新しく作り出されようとしている危機の芽かもしれません。

新聞報道を鵜呑みにせず、例えば「チュサッパ アイヌ」で検索して自ら調べようとする人が少しでも増えれば、これが第2、第3の慰安婦問題、辺野古問題へと発展するかもしれないと気づけるはずなのですが。

このアイヌ新法の問題一つとっても、本当はもう ”私たちのベッドは燃え始めている” と私は思っているのですが、多くの人はそのことには関心さえもなく、眠りつづけたままなのだと思います。

しかし、さすがに今回のコロナウィルスの件では多くの国民が、”ベッドが燃え上がり始めている” ことを理解し、もう眠りこけている場合ではないのだと気づきました。

IMG_3824.PNG

bed's are burning midnight oil


皮肉っぽく聞こえてしまうとは思うのですが。
日頃、SNSや何やかやで楽しい毎日を謳歌していることをみんなに伝えるのもそれはそれでいいと思います。私自身、そんな投稿もここで数多くしています。
けれども、国の誇りや尊厳、そして守りといったことを、もっと一人ひとりの国民が考え、共有することも大切だと私は考えます。
今回は、このうちの守りがどうにもならないレベルであることが露わになってしまいました。


PS
ところで。
そういった観点から今回の災厄を活かすとすれば、東京オリンピックはむしろ開催できないようになった方がいいかもしれない、と考え始めています。
もちろん犠牲が多くなるのは困るのですが、それくらいのインパクトがないと、これから必ず起こる次なる危機への備えが進まないかな、と。





posted by y.i at 00:00| 3.メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

三拍子

1月28日に「一寸先は闇」という記事を書いてからおよそ2週間が経ちました。
この間、新型コロナウィルスなるものの脅威は膨れ上がるばかりのように思います。
私は昨日、東京で研修の仕事があったのですが、行きの新幹線の中で翌日の仕事の準備を一通り終えてから久しぶりに映画でも見ようかと思ってアマゾン・プライムを開いたら、一番のお勧めとして「アウトブレイク」が出てきたのでずいぶん前に見たその映画を、久しぶりに全部観通してしまいました。
こんな一件がなければ、アマゾンのお勧めにも上らなかった映画だったのかもしれないのですが。

それはさておき。。。

前々回の記事で、「死者が一人でも出たら、一人の納税者としてこの政権の仕事ぶりを再確認しないといけないと思っています。」と記しましたが、現状では非常に残念な経緯をたどっているとしか思えないですね。

要は、「遅い・緩い・決められない」の三拍子。
残念ながら、カルロス・ゴーン被告が指摘した「日本人はのろまだ」という説に、全面的に反論することはやはり難しいと思っています。

多くの一般国民がずっと前から思っているように、なぜ中国本土すべてからの入国制限を未だにできないのでしょう?
他の多くの国々が、すでにやるべきことをやっているというのに。
(今さら手遅れ、という感覚はありますが)


IMG_3597.PNG


ネット上では、中国べったりの二階幹事長の存在、官僚の抵抗、経済界への忖度諸々言われています。
(特に、新聞を見ているだけではよくわからなかったのですが、二階氏が中国べったりというのは最近、ネット民の情報で気がつきました。)
けれども、理由はどうあれ、結局はリーダーがすべてをしょい込んで、意思決定しなければ仕方ないと思うのです。
すでにネット上では、現政権はこの危機に有能に対処できているか、そうでないかという議論が起こり始めています。
これについての私の意見は、例えて言うなら、「今の安倍氏は、第2次大戦勃発時のイギリスの宰相・チェンバレンに似ているように思える」ということです。
一言でいえば、現時点における危機管理については、有能ではないという判断しか下しようがありません。

戦時の例でもう一つ挙げることが出来るでしょう。
それは、現在の日本政府の対応は、ガダルカナル戦の有りようをそのままに再現しているように思えるということです。

具体的にいえば、中国国内でどれほど感染が広がっているか”正確に把握することすらせず”、 ”当初は原発地の一部だけ”、 そして”その後はその周辺地域” に制限地域を拡大しただけ、というのは、かつてガダルカナルでやった「敵戦力の過少評価」と「戦力の逐次投入」による失敗の再現のように思えます。

その結果、当時は惨憺たる敗北を喫しました。
(私は2011年の8月に「ガダルカナル 学ばざる軍隊」という本を紹介しましたが、同じことを現在進行形で見ている気分。)

当時と比べて、今はパソコンやネットがあるにもかかわらず。
けれど結局は人の意識や考え方が変わらなければ、いくら道具が進歩しても意味がないのでしょう。


今日は他にもいくつかあったのですが。
一言でいえば、情けない気分、かな。



posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月31日

穂高湖

自転車についてはこれまでほとんど、というかまったく興味がなかったのですが、年が明けてからマウンテンバイクを購入しました。
それに乗っかって、先日、六甲山を少しうろうろしました。
辿り着いたのは、穂高湖というところ。

IMG_2602.JPG

六甲山頂までは、このバイクで行ったわけではありません。車で行きました。あの高度をマウンテンバイクで登るのはちょっとというか、大変な無理があると思っています。私には。(笑

でも、例えば鮎釣りの場合は釣り場に着くまでに2時間とか3時間とかのドライブをしないといけないことを考えると、自宅からほんのちょっと車を飛ばしただけでこんなに豊かな自然の中で時間を過ごせるのは、ほんとにラッキーだと思います。神戸っ子の特権ですね。50年以上生きてきて、やって気が付きました。

そんなことを思いながら、地図を広げて少し作戦タイム。
山頂は市街地より5度は低かったです。そのためか熱いコーヒーが美味しかったです。

IMG_2606.JPG

誰もいなかったのでしばらく寝っ転がってみると

IMG_2614.JPG

くっきりした、冬の空がそこに、ありました。

IMG_2611.JPG


PS
ちょっと思い出した曲。
spearmint の "Isn't it great to be alive"


posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

一寸先は闇 

ついこの間、いろんな方に「来年も良いお年を」とご挨拶し、自分の中でも「来年は新たにこんなことにチャレンジしてみたいな」などと考えていたのに、気がつけば、「これからしばらくの間、社会はどうなるのだろう」とすこし心配している自分がいます。
昔の人はよく言ったもので、「一寸先は闇」ですね。
いくら世の中が進んだといっても、この点は何も変わらないということを改めて認識させられました。

今話題にしているのは、新型コロナウイルスのことです。
しばらく前からちらちらと情報には気づいていましたが、ほとんど気に留めていませんでした。私自身がちょっとまずいかな、と思い始めたのは、5日前くらいからでしょうか。
多くの方がもうおそらく理解されているのと同じように、感染者数はテレビ・新聞で報道されている数どころじゃないと思います。

個人的には、いつもツイッターなどで信頼しながら情報を得ているちゃんとしたジャーナリストの方々の情報を総合すれば、実際には二ケタ違っていると理解しています。
そうすると、中国での感染者は数千人という規模ではなく、少なくても十万人という規模になると思っています。死者数もこれと比例しているのでしょう。多分。

IMG_2502.JPG

ところで、年末年始にこれもやはり大きなニュースになっていた、カルロス・ゴーン被告がしばらく前に、ブラジルのメディアに答えて、「日本人はのろまだ。」と発言していました。

当然のことながら、その言葉を聞いていい気分は全くしませんでした。しかし、その言葉を否定できない気持ちでいる自分も、そこにありました。
そのことを考えているときに少し思ったことは、「世界の他の国と違って日本は長い、しっかりとした歴史を持つ国だから、それだけ固有の時間軸があるんだよ、レバノン(って国がどんな国かよく知りませんが)みたいな国とは違うんだよ」っていう思いが浮かんだりしていました。

けれど。
今回のウィルスへの対応が同じような時間軸、意思決定では困ります。
私の個人的な感想ですが、日本政府の対応はすでに遅すぎると思うし、トップの国民へのリーダーシップ(発信)も不足していると思っています。不足しているというより、不足しすぎですね。

私はモリカケの時も、今このような状況でも野党がストーカーのようにこだわっている桜のことについても、自分の判断で政権を非難とかする考えは起きませんでした。
素人考えですが、夏前には終息してオリンピックも開催できるだろうとは思っています。けれどこれからしばらくは予断を許さないだろうし、個人的な思いでは、今回のことでもし日本人の死者が一人でも出たら、一人の納税者としてこの政権の仕事ぶりを再確認しないといけないと思っています。

posted by y.i at 00:00| 3.メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月24日

ラストスパート

以前からセミナーなどでご縁をいただいている伊丹商工会議所さまからご依頼をいただいて、昨年の10月から、同商工会議所さま管内の複数の飲食店さまの支援をさせていただいています。
これは、国が定めた伴走型小規模事業者支援推進事業を活用しての地域の事業者様への、ご支援です。

今回のプロジェクトではそれぞれのお店が抱える経営課題は千差万別。その各店の状況に合わせて、チラシ作成などの販促、原価改善、新メニューの開発、店内の意匠変更など、様々な提案や助言をさせていただいています。


このプロジェクトは、昨年10月に私の事務所がある六甲道で繁盛しているお店の見学会からスタートしました。
その見学会の最初のお店は、こちらの「串ぐし」さんでした。
もともと串カツの専門店だったのですが、今はいろんなアラカルトメニューが揃っていて、遠くは芦屋や西宮からも来店がある人気店です。

当日は、創業当初から震災を経て現在に至るまでの歴史や、メニュー開発や日々の業務におけるこだわりをたくさん、お教えいただきました。写真は、皆さんが熱心にメモを取っておられるところです。

IMG_7201.JPG

「串ぐし」さんは、私の事務所があるビルの1Fで営業されていて、私の事務所の大家さんでもあります。

そのあと、もう一店、徒歩3分ほどのところにある「たまき」さんを訪問しました。

IMG_7235.JPG

このお店も六甲道の人気店です。
私は「たまき」さんが開店されたときから通っていたのですが、今回のプロジェクトで繁盛店をさがせ! となったとき、自分の中で意の一番で候補に挙がったお店です。

こちらの写真は、そんな私の思いに共感してくださったオーナーさんが、研修の参加者(伊丹市内の店主の皆さん)に一生懸命、ご自身の体験をお伝えしてくださっている様子です。

IMG_7215.JPG

貴重なお話を伺ったあとは、みんなでぱちり。

IMG_7204.JPG


このプロジェクトは2月末までなので、今が佳境です。
日々一生懸命がんばっておられる店主の皆さん、こんな貴重な機会を任せてくださった会議所の皆さんのためにも、ラストスパートを精一杯したいと思っています。




posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

That's why

日曜日は、いつもお参りしている八幡さんへ。

IMG_1927.JPG

お正月に行ったばかりなのですが、この日のほうが人出が多く、列に並んでから参拝するまでに20分以上かかりました。

IMG_1930.JPG

週始まりの昨日は昼間、コンサルティングの仕事をしたあと、JR神戸駅へ。
兵庫の中小企業診断士協会でミーティングをした後、帰ろうとしていたら、駅前の広場できれいな歌声が響いていました。

つい最近知ったのですが、近ごろは駅の構内などの人が集まる場所にピアノを置いておいて、自由に弾いてもらうようにしているところがあるんですね。名前をなんていいましたっけ。。。それはともかく。
昨夜は、そのピアノの周りから、とてもきれいなピアノの音色と歌声が聞こえてきていました。


IMG_1999.JPG

演奏が終わったあとに近くの女の子に聞いたら、「スリランカから来た”クワイヤー”です」ってことでした。
クワイヤ。直訳すると、聖歌隊です。

That's why.
「だから、こんなにみんな上手なんですね!」ってお伝えしたら、笑顔が返ってきました。
少し幸せな気持ちで、家路につくことができて、こちらのほうこそhappyでした。




posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

戎さん

これまで、一度も戎さんにお参りしたことは、ありませんでした。
でも、今年は初めて、11日にお参りしてみました。
阪神西宮駅から西宮神社まで、たくさんの出店が出て、ほんとに賑やか。

朝の比較的早い時間に行ったからか、本殿まですぐに行けて、スムーズに参拝できました。

IMG_1555.JPG


今回、お参りしてみようと思ったのは、仲間とこんなふうな研究活動をするなどして自分がふだんコンサルティングの大きなテーマとしている「変わる」ということを、今年はもっと自分でも実践してみようと思ったから。

今日は事務所に仕事に出かける前に、自宅の近くをすこし散策してみました。これも今まではしていなかったことです。
こちらはその際に撮った写真。

IMG_1655.JPG

六甲の中腹から見る冬の神戸の海は、太陽の角度の関係で、海面が黄金色に眩いくらいにきらめいていて、いつも素晴らしいなと思っています。
(肉眼ではもっと海が大きく見えているのですが、ケータイで撮った写真ではその良さがなかなか伝わりません。)

posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

謹賀新年

新年明けまして、おめでとうございます。

長かった年末年始の休み。日ごろできないことをー事務所の片づけとかーあれこれやろうと思っていましたが、例によってあっという間に時間が過ぎていってしまいました。

お正月は2日に、ふだんから仕事に行く前などによく行く、近くの神社で初詣。

IMG_1145.jpg

IMG_1143.jpg

おみくじを引いたら、「萬事のぞみ事かなひ舟車によりて利得おおし」とのこと。
舟車って、なんだろ。

IMG_1149.jpg

仕事は4日からゆっくりスタートしています。
4日はいつも使っているモレスキン・ノートを、5年前くらいから振り返って読み返していました。
それで、気づいたことがあります。
それは、毎年、お正月に同じようなことばかり書いているということ。これって、進歩がないということかもしれません。

IMG_1301.JPG


今年は、のぞみ事がかなうように例年以上の取り組みができればと思っています。
posted by y.i at 00:00| 1.日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする